古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

菊池雄星と大石達也のブルペン観察。ドラ1の速球は残酷に好対照だが……。

Number Web のロゴ Number Web 2018/02/13 07:00 安倍昌彦
南郷キャンプで順調な調整を進める菊池。大石らとの投げ込みを見られるのがキャンプならではの楽しみだ。 © photograph by Kyodo News 南郷キャンプで順調な調整を進める菊池。大石らとの投げ込みを見られるのがキャンプならではの楽しみだ。

 埼玉西武ライオンズのキャンプ地「南郷」は、宮崎・日南からさらに南に車で30分ほど。

 若きチームリーダー・秋山翔吾外野手が会うなり、

「こんな“へき地”まで、よく来てくださいました」

 とねぎらってくれた。シーズン前の1カ月間、野球だけに打ち込むのにこれ以上ない、何もない土地だ。

 山があって、海だってちょっと行くと、広ーいやつがあって、なんとも気分がよい場所だ。そんな自然の中に、キャンプのグラウンドがある。いちばん高い場所にメイン球場があり、“中腹”には室内練習場があって、ブルペンとサブグラウンドがあるのが“ふもと”である。

 たとえばメイン球場で、菊池雄星のピッチングが始まると聞いて、すわっブルペンへ! と勇み立っても、次の瞬間「ちょっと待てよ。終わったあとに、またここまで登ってこないといけないな……」、そう思った途端に“ブルペン降り”をためらう弱い気持ちが湧いてくる。

 それほど険しい取材環境にある。ブルペンから“メイン”に戻る登り階段は、間違いなく7階分はあると思われる。

菊池雄星、いい“角度”を見つけたな……。

 そのふもとのブルペンで、菊池雄星のピッチングが始まる。左右に先輩投手が投げる真ん中で、まるで太刀持ち、露払いを従えた「横綱土俵入り」である。

 いい“角度”を見つけたな……と思う。

 本人、スリークォーターと表現しているが、実際はそこよりちょっと上。時計の文字盤でいえば、1時と2時の間ぐらいだろうか。実に気持ちよさそうに腕を振り下ろすから、キャンプ始まって1週間も経たないのに、もう“シーズンのボール”だ。構えたミットにめり込む轟音がここちよい。

丹念に投げる大石の姿に残酷な気がしたが。

 その右横、土俵入りなら露払いの位置で、小柄な右腕が投げ始める。

 誰だろう、と思って背番号を見ると15とあるから、それなら「大石達也」なのだが、185センチ90キロのはずの大石が小さく見える。

 フォームが変わったんだ……。

 テークバックを小さくして、腕の振りもコンパクトになって、投げる姿の印象が小さくなったのだ。

 ワセダで松下建太(現・西武サブマネージャー)や斎藤佑樹(日本ハム)や福井優也(広島)と一緒に投げていた頃は、150キロであり、ダイナミックであり、剛速球であり……それが大石だったのだが、今は丁寧に丹念に、狙ったピンポイントを突いていく。

 隣りの雄星がブンブン飛ばしていく。遠慮も気遣いも、何もない。さあ、このスピード、見てみろ! と言わんばかりの飛ばしぶりだ。

 ちょっと、いやなものを見たようにも思った。残酷な気がしたのも確かだ。しかし、プロはそれでよい。プロとは、優秀な個の集合体なのだ。

140キロ前後でも菊池のミット音と変わらない。。

 一方で、大石達也はひたすらキチンと投げ進む。

 スピードガンで計れば140キロか、そこまでいっていないかもしれない。

 なのに、隣りで菊池雄星が投げ込んでくる“145キロ前後”の捕球音とそんなに違わない。

 硬球の硬さがミットの革に当たる強い音。そこに、硬球の縫い目がめり込む音の濁りが混ざる。間違いなく、ボールの“生命力”が伝わってくる爆音だ。

 大石達也の球筋がもっとよく見える場所に、立ち位置をずらす。

 右手を振り下ろす位置が以前ほど高くないから、ボールが低く集まっている。

 その低めがタレない。

 ときおり捕手が高さを間違えて、ミットの芯を外している。伸びている証拠、もっと正確にいえば、終速が落ちていない証拠だ。

 投げるフォームはコンパクトになっても、投げる“エンジン”の排気量は変わっていない。

投げる“目的”が想像できるピッチング練習。

 大石は今年プロ8年目。最初の5年間は、痛めた右肩との闘いに終始していた。

 それが、ここ2年間はフル回転とまではいかなくても、中継ぎの1イニングできっちり役割を果たしてきた。

 一昨年が36試合で防御率1.71。昨年は20試合で防御率0.93。球団の方から、イニング数以上の三振を速球で奪っていたと聞いて驚いた。

 隣りのマウンドで投げ込む菊池雄星のピッチングスタイルが豪快だから、その横で1球1球丹念に、ボールの回転を確かめるように投げる大石達也がとても地味だ。

 しかし、明らかに、投げる“目的”が想像できるピッチング練習。

「練習」とは、いつもそうありたい。

 そんな地道な基本動作の繰り返しで、速球の生命力を自らの技術として、体に覚えさせようとしている。

 躍動感あふれる菊池雄星の投げっぷり。近い将来、メジャーでさらに大きな可能性に挑もうとする若い勢い。

 そのすぐ隣りで、この国のプロ野球に生き残りを賭けて、投手の絶対条件である速球の生命力をより確かなものにしようとする根気強い試み。

 どちらも、間違いなく「プロ」。

 どちらも、同じようにプロなのだ。

 20人から居並ぶ南郷キャンプの一軍投手陣の中で、たまたま同じ日の、同じ時間帯に、隣り合ってブルペンで投げあった菊池雄星、そして大石達也。

 1年違いのドラフト1位で、同じ球団に進んだ2人が、今それぞれのスタイルでプロの歴史に足跡を残そうとしている。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon