古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

阪神、投打の柱が奮起 好調巨人倒す 金本監督「選手は本当によくやってくれました」

デイリースポーツ のロゴ デイリースポーツ 2日前 デイリースポーツ/神戸新聞社

 「巨人1-4阪神」(21日、東京ドーム)

メッセンジャーを祝福する阪神・金本知憲監督(左)=東京ドーム(撮影・園田高夫) © デイリースポーツ/神戸新聞社 メッセンジャーを祝福する阪神・金本知憲監督(左)=東京ドーム(撮影・園田高夫)

 阪神はエースのメッセンジャーが、8回5安打1失点で3勝目を挙げた。また主砲の福留が先制3ランを含む4安打と、投打の柱が活躍して巨人の連勝を4で止めた。

 10三振を奪う力投のメッセンジャーは「いままで3試合で一番よかった。真っすぐを中心に低めに集めることができた。梅野君のリードもよかった」と笑顔を見せた。

 初回に福留が3ランを放ち、大きな援護を受けた。「孝介さんはいつも助けてくれますし、一生懸命やっている。楽に投げることができました」と4番に感謝した。

 金本監督も福留の一発を喜び「あれで主導権を握れましたね。マイコラスと相性よくなかったんですけど、いきなり3ラン打ってくれました。調子落としていたんで心配していたんですけど、4本ですか」と4安打を放った主砲を褒めた。

 メッセンジャーにも「中継ぎも休めましたし、八回まで本当によく投げてくれました」と喜んだ。

 最下位中日に連敗して乗り込んできた東京ドーム。カード初戦白星に「いやな負け方をしたんで気持ち切り替えてジャイアンツ相手に選手は本当によくやってくれました」と、今後の戦いに手応えをつかんでいた。

デイリースポーツの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon