古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

阪神打線が大爆発 菅野を4発10点でKO 虎党うっぷん晴らす六甲おろし大熱唱

デイリースポーツ のロゴ デイリースポーツ 2019/05/15 20:52 デイリースポーツ/神戸新聞社
6回阪神2死一塁、左越えへ2ランを放った阪神・大山悠輔は歓喜に沸くナインとタッチを交わす=東京ドーム(撮影・田中太一) © Copyright(C) 2012 デイリースポーツ/神戸新聞社 All Rights Reserved. 6回阪神2死一塁、左越えへ2ランを放った阪神・大山悠輔は歓喜に沸くナインとタッチを交わす=東京ドーム(撮影・田中太一)

 「巨人-阪神」(15日、東京ドーム)

 阪神打線が大爆発。

六回までに巨人・菅野に4発を浴びせ、10得点の猛攻。七回にも梅野の一発が飛び出し、この時点で今季最多タイの5本塁打となった。

 先制は一回、1死一塁。糸井が甘く入った135キロのスライダーを仕留め、右翼席へ2号2ラン。その後も2死から福留、梅野、マルテが3連打を放ち、3点目を奪った。

 二回は大山、福留の適時打で2点追加。五回は福留が右翼席へ4号ソロ。六回はルーキー木浪が2号ソロを放ち、さらに大山の7号2ランなどで菅野をKOした。

 このカードを迎えるまで、今季の巨人戦は6戦6敗。屈辱を味わっていたが、逆転勝ちを飾った前夜に続き、虎党にはたまらない展開。うっぷんを晴らすように、六甲おろしを大熱唱した。

デイリースポーツの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon