古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

16年米本塁打王カーターが日本移籍模索と地元報道

日刊スポーツ のロゴ 日刊スポーツ 2019/10/09 19:33 日刊スポーツ新聞社
15年アストロズ時代のクリス・カーター © 日刊スポーツ新聞社 15年アストロズ時代のクリス・カーター

16年にブルワーズで41本塁打を放ち本塁打王に輝いたクリス・カーター外野手(32)が、今オフ中に日本移籍を目指すと、メキシコのメディアが8日までに報じた。

カーターはメジャーで8年プレーし、通算158本塁打、400打点をマーク。今季はメキシコリーグで49本塁打、119打点、打率2割9分3厘と活躍した。現在も同リーグのチームが保有権を持つが、本人は、冬季リーグに参加せず日本移籍を模索したいと話しているという。

東京五輪特集はコチラ

日刊スポーツの記事をもっと読む

image beaconimage beaconimage beacon