古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

90年代、長嶋巨人vs.野村ヤクルト。死闘の歴史──死球、報復、乱闘も。

Number Web のロゴ Number Web 2020/02/14 20:30 鷲田康
90年代にセ・リーグの覇権を争った巨人・長嶋監督(左)とヤクルト・野村監督。乱闘も辞さない“仁義なき戦い”だった。 © Number Web 提供 90年代にセ・リーグの覇権を争った巨人・長嶋監督(左)とヤクルト・野村監督。乱闘も辞さない“仁義なき戦い”だった。

 神宮球場ネット裏にある半地下の記者席からその騒動を見ていた。

 1994年5月11日。この日行われたヤクルト対巨人戦の2回表、巨人の攻撃だった。

 ヤクルトの先発右腕・西村龍次投手が、初球ストライクから打席の巨人・村田真一捕手に投じた2球目だ。

 インコースに抜けてきた真っ直ぐが頭にスーッと向かってきた。

「糸を引くように」という言葉があるが、暗い半地下の記者席から見ていると、カクテル光線に浮かび上がった白球が、本当に糸に引かれたように真っ直ぐ村田の頭を目掛けて飛んでいったように見えた。

 村田は首をすくめて避けようとしたが、ボールはヘルメットの上から左側頭部を直撃。両手で頭を抱えながらもんどりうって後ろに倒れた村田が、すぐさま立ち上がると凄まじい形相で叫びながらマウンドに向かって歩き出そうとした。

女性記者から悲鳴が漏れた。

 ところが、だ。

 3歩、4歩……歩を進めたところで、いきなり崩れ落ちた。

 その瞬間に記者席にいた女性記者から悲鳴が漏れたのを記憶している。

 それぐらいに「やばい」ことが起こったように見えた。倒れた村田は全く動かなくなり、アンパイアが慌てて球場職員にタンカを持ってくるように指示した。

 タンカに乗せられてグラウンドから運び出されるときに、村田の腕がわずかに動いたことで、少し安堵したのを覚えている。

 ただ、騒動はこれだけではなかった。

 村田への死球をきっかけに、3回に巨人の木田優夫投手が“報復”の死球を西村の臀部にぶつけた。

グラッデンの右アッパーが炸裂。

 そして一触即発のムードが漂う中で7回に再び西村が、ダン・グラッデン外野手の顔の近くに投げて、一気に大乱闘へと発展した。

 激高したグラッデンを中西親志捕手が制止しようとすると、マスクを払うように横っ面を叩かれた。応戦した中西の顔面に、今度はグラッデンの右アッパーが炸裂した。

 ベンチを飛び出した両軍ナインが入り乱れて、あちこちでもみ合いが起こる。こっちでは胸ぐらを掴み合い、向こうでは飛び蹴りを食らわせる大乱闘劇へと発展したのだった。

 1990年代のヤクルトと巨人の試合は、常にこんな不穏なムードに包まれた死闘の連続だった。

「巨人を倒さなければ、連覇はない」

 1980年代のセ・リーグは'79年から4度の優勝を飾った広島と巨人の時代だった。ところが90年代になって、そこに割って入ってきたのがヤクルトだ。ターニングポイントは'90年の野村克也さんの監督就任だった。

 緻密なデータを駆使した「ID野球」と、明確な役割と目標を持たせることで若手人材を発掘、育成していくという野村流のチーム作りが徐々に浸透して、就任1年目の'90年は5位に終わったが、'91年には3位に躍進。そして'92年にはついに14年ぶりのリーグ制覇を果たした。

 そして長嶋茂雄さん(現巨人軍終身名誉監督)が巨人の監督に復帰した'93年。「長嶋劇場」の最大のライバルとして立ちはだかったのが、野村ヤクルトだったのである。

「巨人を倒さなければ、連覇はない」

 こう語った野村さんはことあるごとにメディアを使って長嶋批判を繰り広げ、様々な挑発発言も行った。

両軍ベンチが空っぽになる乱闘劇。

 さらにグラウンドではヤクルト躍進のキーマンだった古田敦也捕手の厳しい内角攻めに、とにかく巨人打線は手を焼くことになる。

 これでもかというくらいにインコースを攻め込んで、それでも踏み込んでくる打者には容赦なく胸元にボールを投げ込ませた。

 その内角攻めの結果、'93年5月27日のヤクルト戦では開幕から絶好調だった大久保博元捕手が、死球を受けて左手首を骨折。

 直後の6月8日に富山で行われたヤクルト戦で、最初の事件が勃発した。

 先発の宮本和知投手が古田を打席に迎えると、執拗に内角を攻めた上で死球をぶつけた。

 そしてその古田がホームでのクロスプレーで巨人の吉原孝介捕手に体当たりをかましたが、その行為に吉原が肘打ちで対抗。詰め寄ったヤクルトのジャック・ハウエル内野手と吉原がもみ合いになって、それをきっかけに両軍ベンチが空っぽになる乱闘劇となったのだ。

「野村はやり過ぎですよ」

 その後も両チームの試合では、常に何かが起こりそうな殺気だったムードに包まれる日々が続いたのである。

「野村はやり過ぎですよ」

 当時の筆者は報知新聞の巨人担当キャップだった。富山の乱闘騒動からしばらくしたある日、2人でランチをしていると、珍しく長嶋さんが苦々しい表情でこう語るのを聞いた。

 そして意を決したようにこう続けたのだ。

「選手を守るためにはウチだって黙っちゃいませんよ。やるときはやりますから」

 そうして翌年に起こったのが、あの神宮球場の騒動だったのだ。

「木田の1球は故意だ。あれが故意でなければ、故意なんてない」

 試合後に野村さんは珍しく怒りを露わにこう捲し立てている。

物議を醸した長嶋監督の発言。

 長嶋監督も感情を抑えられなかった。

「そりゃあいくことだってありますよ。目には目をです」

 この長嶋さんの発言は物議を醸したのはもちろんだ。最終的にはうやむやに処理されたが、1年前に野村さんへの怒りを滾らせる姿を見ていた筆者は、このとき「故意」を確信していた。

 いがみ合い、ライバル心を剥き出しにして、“死球合戦”という、それこそ死闘を繰り広げた90年代の野村ヤクルトと長嶋巨人だった。

相手を倒すことに全てをかけた関係。

 結果的には'92年から2002年までの11年間でヤクルトが5回、巨人が4回の優勝を果たしたが、連覇は'92年と'93年のヤクルトだけだった。

 ヤクルトが勝てば翌年は巨人が、そしてその翌年はヤクルトがと、お互いのリーグ連覇を阻んできたのも、常にこのライバル同士の戦いだったのである。

 グラウンドに立ち続ける間、特に監督として対峙していた90年代から2000年代にかけての野村さんと長嶋さんの関係は、決して世の中が伝えるような美しい物語ではなかったはずだ。

 もっとドロドロとした、お互いがいがみ合い、オーバーではなく、ただ相手を倒すことに全てをかけて戦い続けた関係だった。

 そして野村さんと長嶋さんという稀代の野球人が鎬を削ったあのときのプロ野球には、いまにない緊迫感があり、それがファンを興奮させた。

 いまとは違う野球の醍醐味、まさに死闘と呼ぶに相応しい真剣勝負の危うさが面白かった。

 見ているだけで鳥肌が立った。

 そういうギリギリの戦いをできたのは、おそらくいがみあって、競争心を剥き出しにして、どうしても勝たねばならないライバルがいたからだったのだろう。

 それが監督時代の野村さんと長嶋さんの関係だったと思う。

2人の最後の会話。

 野村さんの訃報に接して、長嶋さんが語った「金田正一さんのお別れの会」での2人の会話に、長嶋さんの喪失感と無念が伝わる。

「おい、頑張っているか。オレはまだ生きているぞ。まだまだ頑張るぞ」

 両脇を支えられて歩く長嶋さんの姿を見て、車椅子の野村さんがこう声をかけたという。

「だから私も『お互い頑張ろう』と話したばかりだった」

 それからわずか1カ月も経たないうちに野村さんは逝ってしまった。

 それが90年代に死闘を繰り広げた2人の最後の会話だった。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon