古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

聖火リレー 鳥取砂丘をコースから外す方針 知事「密集が生じる」

毎日新聞 のロゴ 毎日新聞 2021/04/08 17:03 毎日新聞
鳥取砂丘=鳥取市で2020年4月18日午後1時35分、野原寛史撮影 © 毎日新聞 提供 鳥取砂丘=鳥取市で2020年4月18日午後1時35分、野原寛史撮影

 鳥取県の平井伸治知事は8日、県内で5月21、22日に実施予定の東京オリンピック聖火リレーについて、鳥取砂丘(鳥取市)をコースから外す方針を明らかにした。有名観光地であるうえ、著名人のランナーが走る可能性もあり、「密集が生じかねない」と述べた。また、沿道での観覧を事前抽選制にするなどの新たな対策案も示した。

 平井知事は「愛知や三重のリレーで大きな人だかりができていた」と指摘。聖火が巡る県内全19市町村のうち15市町村でルート短縮やイベントの縮小で経費約3000万円を削減すると表明した。削減分は新型コロナウイルス対策に充てるという。【野原寛史】

毎日新聞の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon