古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

世界強豪が日本に集うラグビーW杯。「因縁」がぶつかり合う注目対決は?

Number Web のロゴ Number Web 2019/09/11 11:50 生島淳
今年2月、シックスネーションズで対戦したアイルランドとスコットランド。両者の対決は同組となる日本のグループステージ突破にも大きく関わってくる。 © Bungeishunju Ltd. 提供 今年2月、シックスネーションズで対戦したアイルランドとスコットランド。両者の対決は同組となる日本のグループステージ突破にも大きく関わってくる。

 ラグビー・ワールドカップ(RWC)の開幕が刻一刻と近づいている。

 日本代表の仕上がりも気になるところだが、RWCは世界の強豪が一堂に会する4年に一度の機会。予選プールから列強同士の激突が見られ、目が離せない戦いが続きそうだが、今回は「因縁」を軸に注目のカードを紹介していこう。

 まず、日本(世界ランキング10位/9月10日現在。以下同様)が属するプールAでは、9月22日に横浜で顔を合わせるアイルランド(1位)とスコットランド(7位)の対決に注目が集まる。

 両国ともケルト民族でありながら、その特性は大きく違う。アイルランドのフォワード(FW)はたくましく、力強さが特徴。一方のスコットランドは欧州列強と比較すると体格的には見劣りするが、その分、知恵を絞る。 

日本の行方も左右する一戦。

 現在、イングランド(3位)のヘッドコーチを務めるエディー・ジョーンズは、両国の特徴を次のように話してくれたことがある。

「アイルランドは政治好きの国民なんです。JFKこと、ケネディ大統領の先祖はアイルランドからの移民で政治的な駆け引きに秀でていたので、アメリカで成功を収めました。彼らはラグビーの世界でも諜報戦も厭いませんよ(笑)。スコットランドは産業革命で蒸気機関を改良したワットを生み出した国でもあり、知恵と工夫に優れています。日本に似ているところもありますね」

 両国の対戦は、これまで135戦してスコットランドの67勝、アイルランドの63勝、5つの引き分け。過去10戦だけを取ってみると、アイルランドの7勝3敗と同国の充実ぶりを物語っている。

 この試合の結果が日本の予選プール突破にも影響するだけに、楽しみな一戦になりそうだ。

ラグビー史を彩る「巨人」対決。

 プールBでは、「巨人」同士の対決がいきなり実現する。過去、RWC3回優勝のニュージーランド(2位)と、2回優勝の南アフリカ(4位)が9月21日に横浜で激突する。

 ニュージーランドは「オールブラックス」、南アフリカは「スプリングボクス」というニックネームを持ち、両国は世界のラグビー史を彩ってきた。ラグビーのあらゆるカルチャーを総合的に判断した時に、「巨人」と呼ぶにふさわしいのはこの2カ国をおいて他にはない。

 今回の予選プールの試合は、両国にとって99回目の対戦になる。これまでの対戦成績はオールブラックスの58勝36敗4引き分け。しかし、南アフリカは1970年代までは常に対戦成績をリードしており、両国のプライドはまさに五分と五分と言っていいだろう。

 近年はオールブラックスの充実ぶりが目立つが、今年の7月27日に「ザ・ラグビー・チャンピオンシップ」で対戦した時には、終了直前に南アフリカが追いついて、16対16の引き分けに。

 RWCでは決勝トーナメントで再戦の可能性もあるだけに、巨人同士は手の内を隠すに違いない。そうなると勝敗を分けるのは、「地力」だ。

 巨人たちの真の実力を見極めて欲しい。

「死のグループ」の注目カードは?

 プールCに目を移すと、イングランド(3位)、アルゼンチン(11位)、フランス(8位)が同居。この3カ国の中ではイングランドが一歩抜け出ているとは思うが、取りこぼしの許されない「死のグループ」と目されている。

 なかでも注目は9月21日に東京スタジアムで行なわれるフランス対アルゼンチン戦だ。この両国にはRWCでの因縁がある。

 2007年のRWCフランス大会、開幕戦でフランスはアルゼンチンに敗れた。ホスト国として、世界に恥を晒してしまったのである。この敗戦によって、準々決勝はフランスから離れ、ウェールズ(5位)で戦うことになってしまった。

 ところがフランスとは不思議なラグビーチームで、準々決勝でオールブラックスを破ってしまう。

 世界のラグビー界には、こんな言葉がある。

「フランスの選手たちが自主的にカフェに集まり出したら、彼らは化けるんだ」

 つまり、危機的状況にならないと、本気にならないのがフランスなのだ。

 近年、アルゼンチンはニュージーランド、南アフリカ、オーストラリア(6位)との対戦が増え、世界でもトップクラスの実力を誇るようになった。この対戦、ハッキリとアルゼンチンの方が優位だ。

 フランスは4年後にRWCフランス大会を控えている。格上のアルゼンチン相手に、挑戦者モードになれるかどうかがポイントになりそうだ。

好調の強豪に挑むフィジー。

 そして、プールDも混戦が予想される。

 今年に入ってウェールズは北半球の「シックスネーションズ」で優勝、オーストラリアは8月にオールブラックスに完勝し、調子を上げている。

 ウェールズはFWが充実しており、大崩れはない。また、オーストラリアはオールブラックス戦で見事なアタッキング・ラグビーを披露、4年に一度のピークをRWCに合わせてきた印象がある。

 ただし、このプールDで侮れないのがフィジー(9位)だ。昨年11月には敵地でフランスを破るなど、チーム力がメキメキ向上している。

 これまで、フィジーには課題があった。ヨーロッパでプレーしている選手が多く、協会の財政難によって、優秀な選手たちをナショナルチームに招集することが難しかったのだ。しかし、ニュージーランド出身のヘッドコーチ、ジョン・マッキーはヨーロッパのクラブに出向いて交渉を重ね、代表合宿に選手たちを招集して、チームビルディングを行なってきた。

 10月9日に大分で行なわれるウェールズ対フィジーの試合は、ウェールズFWの力強さと、奔放な展開力を誇るフィジーとの「スタイルの激突」になりそうで、エンターテインメント性の高い試合になるだろう。

 もう少しでワールドカップがやってくる。

 列強の激突を目撃すれば、どれほどラグビーが面白いスポーツか、目を見開かされるに違いない。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon