古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

なぜ宇賀神友弥は浦和で不動なのか。平川から受け取り、関根に渡す愛。

Number Web のロゴ Number Web 2017/04/21 杉園昌之
宇賀神友弥は何の選手か、と聞かれると答えることは難しい。だがチームに必要な選手かと言われれば答えは単純だ。 © photograph by URAWA REDS 宇賀神友弥は何の選手か、と聞かれると答えることは難しい。だがチームに必要な選手かと言われれば答えは単純だ。

 2012年に浦和レッズのミハイロ・ペトロビッチ体制がスタートして以来、今も変わらずコンスタントに活躍するのは4人しかいない。

 W杯出場経験がある主将の阿部勇樹、サンフレッチェ広島時代から監督に重用されてきた柏木陽介と槙野智章、そして「無印」の宇賀神友弥だ。

 A代表のキャップ数はゼロ、年代別代表入りの肩書きもなし。宇賀神の経歴は、「日の丸経験者」がズラリと並ぶ浦和では異色と言ってもいい。

 次から次に若きエリートや脂の乗った実績者が加入してきても、左アウトサイドを見ると、いつも背番号3が走っている。今季、チームは連戦の疲労を考慮し、積極的にターンオーバー制を採用しているが、宇賀神はリーグ戦、ACLで全試合スタメン出場(4月21日時点)。「僕は特に身体能力、テクニックに秀でているわけではないけど……」と苦笑しながらも、定位置を確保してきた自負はある。

「監督の求めていることを理解し、考えてプレーしている」

 にんまり笑う顔には、充実感がにじむ。数字に表れない仕事は、チーム内で評価されるところだ。

脇役でも、おとり役でも、見てくれる人がいる。

 4月16日のFC東京戦では粘り強く守り、1-0の勝利に貢献した。先制ゴールにも地味ながら絡んでいる。カウンターの形でラファエル・シルバがドリブルで運ぶと、左サイドのスペースへ猛烈な勢いで駆け上がった。次の瞬間、ラストパスは中央を走る興梠慎三の足元にぴたりと収まり、先制点が生まれた。

 試合後、取材エリアでゴールを決めた主役の周りに黒山の人だかりができるなか、「脇役」を囲むのは数人の記者のみ。すぐにその人もはけると、静かな口調で得点シーンを振り返った。

「あそこで僕がスプリントしたから、相手のディフェンダーも少し迷って、パスが通りやすくなったと思う」

 闇雲に走っていたわけではない。おとりの動きだ。影の仕事に気が付かない人も多いだろう。それでも、見てくれる人はいる。「堀(孝史コーチ)さんはボールに関与しなくても、『あの動きは良かったぞ』と言ってくれるから」と口元を緩める。

【次ページ】 コーチに叱責された「お前、みえみえだよ」。

コーチに叱責された「お前、みえみえだよ」。

「サッカーは、ボールを持っていないときの動きも大事なので」

 自信にあふれる、この言葉は今だからこそ言えること。

 ペトロビッチ監督の就任初年度となる'12年。大卒3年目の宇賀神は、シーズン開幕からリーグ戦10試合で出場なし。1分もプレーできていない状況に焦りを感じていた。

「このままでは浦和と契約更新できない」

 チャンスをもらったナビスコカップ(現ルヴァンカップ)では、アピールすることしか頭になかった。しかし、「気負うとダメなタイプなので」と苦笑い。試合では攻守両面で空回りした。セレッソ大阪(4月18日)に1-4で大敗した後、堀コーチに叱責された。

「お前、みえみえだよ。ウガ(宇賀神)は守備もしないといけないし、ほかの選手を生かすための動きも必要なんだぞ。ボールに触らなくてもチームに貢献できる。少し気持ちを切り替えろ!」

 あらためて自分の映像を見て、がく然とした。

「俺はいったい何をやっているんだ」って。

 堀コーチのひと言がきっかけになった。そこで、タッチライン沿いに張っていることが多い浦和のアウトサイドに求められる「本当の役割」を理解した。

ライバルの平川を観察し、直接教えを請うた。

 ただし、そこからすぐに先発の座をつかんだわけではない。当時、レギュラーだった平川忠亮の動きをじっくり観察した。ポジショニング、オーバーラップのタイミング、ボールを持っていないときの動きを1から勉強した。先輩のバランス感覚は、どれも絶妙だった。無駄がないのだ。しっかり考えてプレーしているのが分かった。

「なぜ、ヒラ(平川)さんが起用されて、僕が使われないのかをずっと考えた」

 どうしても分からないことは、ポジションを争う平川にも直接尋ねた。すると、懇切丁寧に教えてくれた。アドバイスだけではない。はっぱまでかけられた。

「浦和で俺がいつまでも試合に出ているようではダメなんだから。早く俺からポジションを奪い取るくらいになれ!」

宇賀神「人の幅が、プレーの幅も広げるんですよ」

 焦燥と不安に駆られていた宇賀神も、意識を変えた中盤以降にチャンスをつかむと、コンスタントにピッチに立つようになった。'12年はリーグ戦24試合に出場。そして、翌'13年から今まで、左アウトサイドは先輩から学んで成長した宇賀神のものとなった。

 '17年4月17日、今年38歳になる平川は、リーグ戦翌日の大学生との練習試合でも一切手を抜くことなく、懸命に走っていた。5年前、ライバルの後輩に助言したことは当然だと言う。

「ポジションを争っていても大事な仲間だから。僕もヤマさん(山田暢久)、アレックス(三都主アレサンドロ)、相馬(崇人)らと切磋琢磨してきた。ウガは自分の足りないところを見つけて、努力したから今があると思う。僕は今、そのウガを見ながら、自分に足りないところを見つめて、頑張っている。これで浦和が強くなればいいし、これがチームの力になる」

 宇賀神にもこの思いは引き継がれている。ライバルとなる後輩の関根貴大らが調子を落としていれば、声を掛ける。助言を求められれば、相手を尊重しながら真摯に対応する。

「僕だって、ヒラさんにそうしてもらったから。人の幅が、プレーの幅も広げるんですよ、きっと」

 照れ笑いを浮かべる29歳の表情には、余裕があった。伊達に浦和のレギュラーを張り続けていない――。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon