古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

アフリカの小国・ジブチが起こしたサッカーW杯一次予選突破の奇跡!

Number Web のロゴ Number Web 2020/01/14 08:00 フランク・シモン
フランス人のサッカー指導者・ジュリアン・メットはまだ37歳。フランスは、世界各国に優れた若き指導者を送り込んている。 © Number Web 提供 フランス人のサッカー指導者・ジュリアン・メットはまだ37歳。フランスは、世界各国に優れた若き指導者を送り込んている。

 ソマリアとエチオピア、エリトリアに囲まれたアフリカ東岸の小国ジブチ(人口約90万人、九州の3分の2程の国土面積)は、FIFAランキングでも184位に位置するにすぎない。ところがその小国が、カタールW杯アフリカ予備(一次)予選を突破してしまった。いったいジブチで何が起こっているのか……。

 フランク・シモン記者が『フランス・フットボール』誌2019年11月26日号でレポートするのは、若きフランス人代表監督のもと、ジブチが8月にパリ近郊でおこなった代表選抜トライアウトの様子である。

監修:田村修一

欧州各地から続々集まってきたジブチ人選手。

 2018年8月、まだ37歳にしかならない若きジブチ代表監督ジュリアン・メットがフェイスブックにアップしたそのメッセージは、まるで大海原を漂いながら届いた小瓶の中の手紙のようだった。

 その直後、代表選手を募集するという告知に反応し、故国を離れてヨーロッパに在住しながらトライアウトへの参加を希望する数十人のジブチ人たちから、彼らのメッセージが監督のもとに続々と届いたのであった。それから数日後、トライアウトはパリ近郊オート・ド・セーヌ県のアマチュアクラブ「ラ・ガレンヌ・コロンブ」のグラウンドでおこなわれた。

 そこに集まったのは15歳から32歳までの、ジブチ代表チーム入りを夢見る選手たちだった。

 地方から長距離バスで駆けつけたものたちの中には、オランダから参加した若者もいた。アブドゥリザクとアブディライのマコウ兄弟は、元代表である父親とともにスウェーデンから飛行機でやってきた。すでにジブチでは名が知られた若きGKのアブラルも、監督にさらなる好印象を与えるために祖国からの参加を躊躇わなかった。

 彼らとともに、前代未聞ともいえるトライアウトが始まった。

 ジブチ代表監督のメットが事情を説明する。

「レベルのよくわからない選手たちをわざわざジブチまで呼ぶよりはずっといいだろう。費用だってパリでやった方がずっと安く済む」

寄せ集めの急造チームで、何を最初に語った?

 チームで唯一のフランス人であるメットは、用具等は何も持たずにトライアウトの現地に現れた。U-20チームが急造ジブチチームと対戦することになっていたクラブチーム「ラ・ガレンヌ・コロンブ」が、トライアウトに向けてすべて必要なものを提供したのである。

 参加者の履歴書を手にした監督は、ロッカールームの地面に先発11人の名前をポジションごとに書いて試合前の指示を与えた。

 そのしばらく前に彼は、クラブハウスで集まった選手たちにプロジェクトの趣旨と彼の方法論、これまでの結果を説明した。

その目標とする大会とは……。

 CFA(仏4部リーグに相当)の「リボルヌ・サンスーラン」でアシスタントコーチを務めた後にトンゴFCで監督を、ASオトホ・ドヨ(ともにコンゴ1部リーグ)ではGMを経験したメットが、1年契約でジブチ代表監督に任命されたのは2019年1月のことだった。

 ジブチの国内リーグの視察から始めたメットは、1部から3部までの選手を集めて45日間の合宿を敢行した。

 U-17代表の指揮も同時に執ったとはいえ、彼に課せられた使命は、長い間惰眠に陥っているジブチ代表チームを覚醒させることであり、間近に迫った3つの大きな試合――7月のCHAN2020(=アフリカ大陸内の選手のみによるアフリカ選手権)予選のエチオピア戦と、9月にエスワティニ(前スワジランド)との間でおこなわれる2022年ワールドカップ予備(一次)予選、そして10月のガンビアとのCAN2021(アフリカ・ネーションズカップ)予備予選で結果を出すことであった。

チームの合言葉は“DJIBOUTI”。

 彼が最初に目をつけたのはひとりのプロ選手だった。

 RFCセランに所属するハッサン・フセイン・ワルサマがその選手で、「スタンダール・リエージュ」で育成されたワルサマは、ベルギーU-15・U-16代表経験を持っていた。彼こそがパズルの最初のピースだった。

 話をトライアウトに戻す。メットはボール紙に大文字で“DJIBOUTI”と書いた。それぞれの文字はキーとなるコンセプトを示している。

 Dがディシプリン、Jがジュウ(フランス語で「プレー」の意)、Iがインテリジェンス、Bがボテ(美しさ)、Oがオルグイユ(自尊心、誇り)、Uがユニオン(団結)、Tがトラバーユ(労働)、Iがアンベスティスモン(投資)である。

 同時に彼は、ここまでの成果も彼らに示した。とりわけ7月の親善試合で隣国のライバルであるソマリアに勝利(1対0)したことは、ジブチに大きな自信を与えた。

 メットが語る。

「5月以降は29人のグループで活動してきた。CHAN2020予選でエチオピアには敗れた(0-1、3-4)が、勝敗の行方は試合終了2分前までわからなかった。何よりジブチがアウェーで3得点をあげるのは、史上初のことだったんだ!

 僕がここにいるのは、ヨーロッパに点在していたジブチの人たちに、彼らに対しても真剣な眼差しが注がれていることを示すためだ。ヨーロッパでのトライアウトはもちろん初めてで、基準はとてもシンプルだ。

 スポーツ面のみに限られるが、とりわけ若者たちがストレスにどう対処できるかが試される。この中から2~3人が代表のグループに加わり、9月にカタールで予定している合宿に参加できるようになるなら、本当に素晴らしいことなのだけど」

自国のサポーターも信じられない成果が。

 スレイマン・ワベリ協会会長の祝辞を受けたトライアウトでは、実際に幾人かの選手が代表にピックアップされた。

 パリ近郊のクラブでプレーするMFのハルーンがそうであり、「アキテーヌ」に所属し、すでにU17代表でもプレーしていた左SBのテクビルがそうであった。また彼ら以外にも、メットはふたつの名前をカタールでの合宿リストに加えた。

 だが、彼らのうち、ひとりとしてエスワティニとのワールドカップ予備予選には呼ばれなかった。そして初戦で2対1と勝利を収めていたジブチは、9月10日におこなわれた第2戦も0-0で引き分け、アフリカ予選本戦出場を果たした。

 ジブチサッカー史上最大の快挙であり、4年前には同じ相手に2試合合計1-8で敗れていたこともあって、サポーターも結果をにわかには信じられなかった。

「ジブチには優れたプレーを志向する文化はあっても、競争を戦い抜く精神はなかった」とメットは説明してくれた。

FIFAランキングが大きく上昇!

 監督就任から数カ月のうちに彼は、ベテランたちとはメンタリティが異なる平均年齢23歳の若いグループを作りあげた。彼らは10月のガンビア戦(CAN予備予選)でも存在感を示した。敗れたとはいえPK戦にまでもつれ込み、もはやジブチは対戦相手をただ喜ばせるだけの存在ではなくなったのだった。

 12月にジブチは、ウガンダでおこなわれたCECAFAカップにも参加した。彼らにとっては来るべきワールドカップ予選に向けての、絶好の予行練習であった。

「ワベリ(ジブチ・サッカー協会)会長はワールドカップ予選のことは何も言わない。でも僕らもみじめな戦いはしたくない」とメットは言う。

「結果がどうであれ誇り高くピッチを後にしたい。希望と野心を常に持っていたいんだ。ゼロからのスタートではない。すでに0.5は成し遂げているからね」

 そう冗談めかしてメットは語るが、すぐに彼は本音を吐露した。

「マダガスカルやコモロ、アイスランド、シリアといった国々が世界でサプライズを起こしたように、僕らも世界を驚かせたい。フランスカップでアマチュアチームが時々サプライズを起こしていることもよく話しているよ」

 メットが結果を出してことで、ジブチ協会はその舵をフランス寄りに大きく切った。女子サッカーの代表監督には元フランス代表のサラー・ムバレクを招聘し、同じくフランス人のヤン・ダニエルーをDTN(技術委員長)に任命した。

 FIFAランキングも大きく上昇した。

 そしてワールドカップ予選では、アフリカのサッカー大国をホームに迎えて戦う。

 数カ月前に誰がこんなことを予想できただろうか――ジブチの冒険は続く。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon