古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

森保監督にサッカー界全体の協力を。五輪代表とクラブの「難しい関係」。

Number Web のロゴ Number Web 2017/10/19 戸塚啓
サンフレッチェ広島の全盛期を築いた森保一監督は、日本屈指の若手監督の1人。東京五輪という特大の期待を背負うに相応しい人選だ。 © photograph by J.LEAGUE PHOTOS サンフレッチェ広島の全盛期を築いた森保一監督は、日本屈指の若手監督の1人。東京五輪という特大の期待を背負うに相応しい人選だ。

 期待を抱かせる人選だ。2020年の東京五輪の監督に、森保一氏が指名された。

 複数の候補者がリストアップされてきたなかで、森保監督の誕生を後押しした理由はいくつかある。

 まずはJ1リーグでの実績だ。'12年に古巣のサンフレッチェ広島の監督に就任すると、1年目でいきなりJ1リーグ制覇を成し遂げた。翌年もJ1リーグの頂点に立った。'15年には三度リーグ優勝を成し遂げ、2度目の出場となったクラブW杯では3位に食い込んでいる。

 ミハイロ・ペトロビッチ前監督のチームを引き継ぎつつも、森保監督指揮下のチームは毎年のように主力選手を引き抜かれてきた。そのなかで、安定した成績を残してきたのである。「Jリーグで実績をあげた日本人指導者」という五輪代表監督の条件を、歴代の監督よりも高いレベルで満たしていると言っていい。

世界の厳しさを彼ほど知る監督もそういない。

 国際試合の厳しさを、身体に刻んでいる監督でもある。

 現役時代の森保監督は“ドーハの悲劇”を経験している。初のワールドカップの出場まであと数秒に迫った1993年10月28日のイラク戦で、当時25歳のボランチは記憶から消し去ることのできない場面に出会う。

 イラクに被弾したヘディングシュートを巻き戻すと、カズこと三浦知良と森保が左サイドでクロスボールをブロックしようとしている。日本の虚を突くようなショートコーナーに背番号11がスライディングで身体を投げ出し、背番号17は精いっぱいのジャンプで対応したが、クロスボールはゴール前へ上がっていく。W杯の出場圏内から、日本は滑り落ちてしまったのだった。

 のちに森保は振り返っている。

「僕があと数メートルでも前にいれば、0コンマ何秒でも早く動いていれば、自分の身体にボールが当たったかもしれない。あるいは相手のショートコーナーに対して、自分がアプローチしていれば良かったんじゃないか……」

東京五輪でのメダル獲得は、期待というよりもノルマ。

 東京五輪で彼が率いるのは、1997年以降生まれの選手たちだ。“ドーハの悲劇”を知らない世代である。それでも、森保監督の実体験は強い説得力を持つに違いない。クロスボールに懸命に食らいつく映像を見せられて、ワンプレーの重みを感じ取らない選手はいないだろう。森保監督がこれから選手たちに伝えていく言葉の一つひとつが、選手たちの胸に響いていくはずだ。

 3年後の東京五輪では、メダルの獲得が期待される。期待ではなくノルマと言っていいかもしれない。大きな名誉と同じくらいの重圧を、森保監督は背負っていくことになる。

 森保監督とチームに追い風となるのは、ホスト国のメリットを生かせることだ。

 U-21やU-22世代が継続的に活動している国は、世界的にも少数派と言っていい。欧州ではU-21選手権が行われているが、U-22世代の代表は基本的に編成されない。

 ただ、日本は2020年のホスト国である。五輪で上位進出を目ざす国であれば、あらかじめ来日して試合をすることにメリットを見出すはずだ。海外での国際大会へ積極的に足を運びつつ、国内でのテストマッチも実現に力を注いでいきたい。'08年の北京五輪直前にアルゼンチンと対戦できたのも、時差が1時間しかないことが後押しとなっている。

A代表と違い、選手を優先的に招集できるわけではない。

 マッチメイクと同じくらいに重要なのが、国内での強化スケジュールの確保だ。

 チーム作りが本格化するのは、五輪の1年前からになるだろう。ここから先はトレーニングキャンプやテストマッチを精力的にこなしていきたいが、歴代の五輪チームはシビアな現実に直面した。

 五輪を目ざすチームの活動は、日本代表と根本的に異なる。FIFAの管轄下に置かれないため、Jリーグのシーズン中に行なわれることが多い。

 リオ五輪のチームを例に取ろう。

 U-22日本代表としてチームが編成された'15年は、2月にシンガポールへ遠征し、同国のU-23代表とテストマッチを消化した。3月にはU-22ミャンマー代表を招いて国内でテストマッチを行い、同月下旬からリオ五輪アジア1次予選に臨んだ。

 マレーシア、ベトナム、マカオとの1次予選を首位で通過すると、次の活動は6月下旬まで待たなければならなかった。しかも、招集された21人が揃ったのはわずか2日間で、2度のトレーニングだけで7月1日のU-22コスタリカ代表戦に臨んでいる。活動期間は4日間だった。

 次の活動は8月のキャンプで、これまた4日間の短期だった。前回と同じように2度の練習を経て、京都サンガとの練習試合で締めくくられている。

 ACLに出場するガンバ大阪と柏レイソルの選手は、このキャンプでは選考対象外だった。「Jリーグで真剣勝負を戦うことが、一人ひとりの選手の強化につながる」という大義が優先された。

選手を出したくないクラブの立場もわかるが……。

 五輪代表の位置づけとしてさらに重い現実は、ケガでキャンプを辞退しながらも、直後のJリーグに出場した選手がいたことである。

 クラブの立場は分かる。週末のリーグ戦に向けて、治療やリハビリに専念させたかったのだろう。けが人や出場停止などを抱えている場合は、なおさら慎重にならざるを得ない。選手はクラブの判断に従うから、こちらも責めることはできない。

 ここで問うべきは、こうしたケースが例外ではなかったことだ。手倉森誠監督だけでなく、歴代の五輪代表監督が直面した悩みである。

 クラブでスタメンで常時出場していなくても、メンバー入りする可能性があれば、選手に無理をさせたくないと考えるのが監督の立場だ。いずれにせよ、Jリーグのシーズン中の活動には、様々な障害が付きまとうということである。

 手倉森監督のチームはその後も国内でのショートキャンプを繰り返し、ほとんどぶっつけ本番のスケジュールで'16年1月のリオ五輪アジア最終予選に挑んだ。出場権を勝ち取ったことでチームは祝勝ムードに包まれたが、現場の奮闘が頼りだったとの印象は否めない。

リオ五輪に久保裕也が出場できなかった痛み。

 Jリーグのシーズン中に、五輪代表の活動期間を確保できるのか。それぞれに立場が異なるなかで、Jリーグのクラブが足並みを揃えて五輪代表に協力できるのか。

 堂安律のように海外でプレーする選手の招集についても、所属クラブとの関係をいまから構築していく必要がある。リオ五輪の開幕直前に久保裕也が出場できなくなった痛みを、東京五輪で繰り返すわけにはいかない。

 メダルをターゲットとするなら、オーバーエイジの招集も欠かせない。所属クラブとの調整だけでなく、時の日本代表監督と選手の招集についてどのような合意を結ぶのかも重要だ。

 森保監督のもとで戦うのは、選手だけではない。サッカー界全体のバックアップなしに、東京五輪の成功はないのだ。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon