古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

福西崇史が森保Jの初戦に好感触。堂安、中島、南野に「おおっ!」。

Number Web のロゴ Number Web 2018/09/12 17:30 福西崇史
南野拓実や中島翔哉、そして堂安律が見せたプレーは、森保ジャパンの競争活性化を感じさせる。 © photograph by AFLO 南野拓実や中島翔哉、そして堂安律が見せたプレーは、森保ジャパンの競争活性化を感じさせる。

 コスタリカ戦、これまで代表でなかなか出番がなかった選手たちがものすごく強い意欲を見せてくれた試合でした。森保監督が就任して最初の試合で「絶対に代表に定着してやるんだ」という思いが前面に出たことは、今回呼ばれていない選手も含めて大きな刺激になったはずです。

 特に「おおっ!」と思ったのは……堂安、中島、南野の3人でした。皆さんもそうだったかと思いますが、単純にワクワクしましたよね(笑)。

 少し踏み込んで解説すると、堂安と中島は個人としての打開力、南野は小林らとのコンビネーションで光るものを見せてくれました。3人ともオランダ、ポルトガル、オーストリアで結果を残している通りのプレーぶりだったし、その自信がプレーに真っ直ぐ表れていた。

堂安、中島の積極性とアイデア。

 まず堂安と中島です。堂安はゴールこそならなかったけど、マーカーが寄せてきた時の身体の預け方がとても上手くなっていた。リーチの長さ、フィジカルの強さは日本人と外国人は違いがある。それをフローニンゲンで常に経験しているからこそ、全然苦にしないし、多少強引に見えても突破できるわけです。

 中島にも同じ成長を感じるとともに、足元の技術と俊敏性で、相手が寄せ切る前にかわす得意の形がさらに磨かれている。2人ともボールの持ち方が独特だし、タイプの違うドリブラーなのが面白いですよね。

 そしてドリブルにこだわるだけじゃなく、攻撃でのアイデアも多いな、と感じました。ポジション1つ取ってもワイドな位置から突破したり、中にカットインしていける。長い距離からでも思い切りよくシュートを打ったかと思えば、相手をドリブルでかわした瞬間、素早くパスで展開することもあった。

 これだけ色々なプレーが選択できると、相手守備陣としては抑えどころが絞りづらい。その積み重ねが後半に堂安がフィニッシュまで持ち込んだ形、中島のスルーパスを起点に奪った2点目につながったんだと思います。相手が怖がるプレーは何より、ゴールに直結する動き。それを見せきってくれましたよね。

南野が見せた献身的なサポート。

 2トップの下がり目もしくはトップ下の位置に入った南野にも、成長を感じました。相手のファインセーブに阻まれましたけど、小林の胸トラップに反応して放った痛烈なシュートも素晴らしかった。これはロングボールに小林が走り込んだことで空いた正面のスペースにいち早く気づいたからこそです。

 このプレーだけではなく、日本がコンビネーションで崩そうとしたとき、南野はほぼ毎回サポートの役割をしていました。前線で起点になったり、サイドに流れて中島や堂安と連動する、といった感じですね。

 以前はボールを足元で受けてからの突破などで良さを発揮するタイプでしたが、ボールを持たない状況で周囲を生かせるようになったことで、アタッカーとしての幅を広げたんじゃないかなと思います。

 そして南野はセレッソ時代から守備も献身的で、森保監督が求める攻撃から守備への切り替えもいち早く実践していた。総合力がこれだけ上がれば、代表定着も十分狙えます。

2列目に2チーム分以上の候補が。

 そういえば彼らと同じアタッカーの乾がロシアW杯直後、「もちろん代表に選ばれれば喜んで参加しますが、若い選手が出てくる」と話していましたね。これまで中島や堂安、南野といった選手を目にする機会がなかった人たちにとっても、乾の言葉は納得できるものじゃないでしょうか。

 今回未招集だったロシアW杯のメンバーを挙げると乾、香川、原口、宇佐美、本田。そしてリオ世代で言えば久保裕也がいる。そしてこの日アディショナルタイムにゴールを決めた伊東もアピールに成功した。

 つまり2列目については、2チーム分以上のタレントがいるわけです。これだけ層が厚いと、所属クラブで結果を残さなければ代表入り自体が難しくなる。コスタリカ戦の終盤に出場した天野、出場しなかった伊藤辺りは、彼らを超えるインパクトを残す必要性があります。これだけの熾烈な争いは、今まででも考えられなかった。世代交代がテーマになる中で、実績のある選手と若手のポジション争いは日本にとって確実にプラスになるでしょう。

ビルドアップの部分はこれから。

 最後に、今後調整してほしい部分を挙げるとすれば……最終ラインからのビルドアップです。森保監督がサンフレッチェを率いた時、丁寧なビルドアップで組み立てて、スムーズに攻撃へと移っていくスタイルを熟成させました。

 ただコスタリカ戦では、相手の前線からの守備でちょっと慌てる場面もありました。その辺りは青山をはじめ、ボランチに入る選手がどれだけ全体をコントロールできるかが大事になってくる。

 その辺りの完成度を高めていくことで、後半に見せた戦いぶりやリズムを90分間通じて見せられるようになるはず。10月、11月の連戦とアジアカップに向けて、さらなる成長が楽しみになったことは間違いないですね。

(構成・茂野聡士)

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon