古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

長谷部「話さなくていいことはある」監督交代劇について選手の反応は?

Number Web のロゴ Number Web 2018/04/17 11:00 了戒美子
長谷部誠はどんな質問にも真摯に答える選手である。彼の「話さなくていいこと」という判断には信頼感がある。 © photograph by Getty Images 長谷部誠はどんな質問にも真摯に答える選手である。彼の「話さなくていいこと」という判断には信頼感がある。

 ハリルホジッチの日本代表監督解任発表から1週間がたった。

 話題性は大きく、皮肉なことにここ数年で初めてスポーツ専門以外のメディアなど、広く一般から興味を持たれたのではないだろうか。また、日本サッカー協会の田嶋幸三会長の説明もどこかあいまいで腑に落ちないところがあり、それが連日の論客たちによる議論を誘発したようにも見える。

 色々とまくし立てながらも、ハリル解任には賛成、ただタイミングは遅い、西野朗新監督には賛否両論というのが大方の意見のようだ。

 解任発表を受けて主将・長谷部誠は「選手の責任、主将である自身の責任」を強調した。だが、1つ気になるやりとりがあった。田嶋会長は記者会見で「最終的にコミュニケーションや信頼関係の問題がマリ戦、ウクライナ戦のあとに出てきてしまった」と話している。

 この話しぶりだと、3月のベルギー遠征後に一気に事態が変化したように聞こえる。だが、長谷部にベルギー遠征後に一気に動いたのか? という質問を投げかけてみると、返事はこうだった。

「いや、そういうことでもないと思いますね。その部分というのは、まああんまりね、いろんな話せない、話せないといったらあれですけど、話さなくていいことはあると思うので」

 歯切れは悪いがつまり、この解任の話は昨日今日始まったことではない、ということのようだ。この3年間で火種はくすぶっていた。それに着火したのがこのタイミングにすぎない、ということ自体は隠さない。

時期が来たら話してくれるのだろうか。

 もちろん、取材しているものとしては思い当たる節は多くある。選手たちからの愚痴のような不満が、通常のチームよりも多く聞こえたのがハリルジャパンだったからだ。長谷部は、こう続けた。

「本当になんでこのタイミングなんだ、ってほんとに思われると思うんですよね、応援されているかたもみなさん(報道陣)もそうだと思うんですけど。僕はいろんな部分を見ているので、そこで考えると選手の責任は多いなと感じます」

 色々と含ませながら、ことの輪郭だけを話すからもどかしい。いつか、時期が来たらその詳細も話してくれるのだろうか。

ハリルとも西野監督とも縁のある宇佐美は……。

 一方で、代表においては若手でありW杯初出場を狙う原口元気、宇佐美貴史の反応は揃って「驚いた」とフレッシュだった。代表主将である長谷部とは明らかに温度が違う。

 原口は「まあ選手間でも噂にはなってはいたけど……。ここまで来たからには最後までやると思ってた。監督交代になって悔しくないなんておかしい」と自分たちの不甲斐なさを口にした。

 複雑な表情をしていたのは宇佐美だった。ハリルは、アギーレ時代には代表に縁のなかった宇佐美を代表に招集し、期待をかけてくれた人物である。だが、西野朗新監督もまた、恩人のひとりだ。ガンバ大阪で17歳のプロデビュー時の指揮官なのだ。

「西野さんの率いるチームに加わることができればすごく懐かしいって思いにかられるでしょう。西野さんという監督のことを少なからずわかっていると思いますし。まあやっぱり、より加わりたい気持ちです」

若かりし頃に言われた「読むな」。

 若かりし頃、宇佐美はよく声をかけてもらったのだという。中でも覚えているのは、と明かしてくれたのはこんな話だ。

 普段Jクラブがアウェー戦に遠征するときは、前日入りすることがほとんどだ。その遠征メンバーは試合前日の練習後に発表され、帰宅せずクラブハウスからそのまま遠征に行くという流れが多い。

 ある試合前、宇佐美は自らをベンチ外と予想して、前日入りの用意を全くせずに練習にでかけた。だが練習時にけが人がでたため、急遽ベンチ入りすることになった。遠征分の用意をしていない宇佐美は、練習場の倉庫にあるものでその場をしのいだ。現地入りすると、その急ごしらえが西野にバレて、短い一言をかけられたという。

「読むな」

「やる前に諦めるな」という言葉。

 宇佐美はその意図を説明する。

「俺が『メンバーに入ると思いませんでした』って言ったらそういう形で先を読むな、準備をしとけって笑いながら言われました」

 前日練習前に、ベンチ外を予想し試合の準備を怠った宇佐美を「読むな」という短い言葉で諌めた。その西野の言葉は7、8年たってもなお宇佐美の胸に残っているというわけだ。

 西野が宇佐美にかけた「読むな」という言葉は、「やる前に諦めるな」という意味だろう。日本代表は、現状の力量では本大会での苦戦が予想されるが、今まさに西野自身が「戦う前に諦めるわけにはいかない」というような心境なのではないだろうか。

 今まで選ばれていない選手たちも逆転での代表入りを狙い始めているだろうし、これまでのレギュラーだってうかうかしていられない。

 だが、注目度と同時にプレッシャーもアップした。逆境ともとれる厳しい中で、新指揮官が短時間で何を見せてくれるのかを楽しみにしたい。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon