古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

香川らベテランは不要 中島、南野で裏づけ成功した森保監督の考え方

AERA dot. のロゴ AERA dot. 2019/09/11 17:00
ミャンマー戦前半、先制点を決め堂安に祝福される中島翔哉(C)朝日新聞社 © Asahi Shimbun Publications Inc. 提供 ミャンマー戦前半、先制点を決め堂安に祝福される中島翔哉(C)朝日新聞社

 凄まじい豪雨の中、ヤンゴンのトゥウンナ・スタジアムで10日に行われたミャンマー戦。過去のワールドカップ予選初陣では毎回のように苦戦を強いられてきた日本にとって、2022年カタールワールドカップに向けて好発進を見せることは、森保一監督にとっても選手たちにとっても重要命題だった。

 試合開始から一方的にボールを支配し、敵陣に攻め込む日本だが、開始5分の南野拓実の決定的シュートが枠を外すなど、嫌なムードも漂いつつあった。その流れをキッパリと断ち切ったのが、前半16分の中島翔哉のテクニカルなループ弾だ。

 冨安健洋からパスを受けたエースナンバー10は左サイドからドリブルで中へ切れ込み、ペナルティエリア手前から右足を一閃。見事にゴールネットを揺らし、喉から手が出るほどほしかった「早い時間帯の先制点」を手に入れる。

 これで落ち着いた日本はこの10分後に堂安律の浮き球のラストパスを南野がヘッドで決めて、2点目をゲット。その後は再三のチャンスを決め切れず、一時はミャンマーの勢いに押されそうになるなど、いくつか課題が残されたものの、環境の難しい敵地での重圧がかかる一戦を2-0で勝利。ロシアで果たせなかったワールドカップ8強に向けて手堅いスタートを切ったと言っていい。

 森保監督はゴールを奪った中島と南野、2点目をアシストした堂安の目に見える働きに心から安堵したことだろう。新体制発足から丸1年。指揮官は2010年南アフリカワールドカップから8年間続いた岡崎慎司、本田圭佑、香川真司の「旧ビッグ3」依存の攻撃からの脱却を図ってきたからだ。代表通算ゴール数50の岡崎、37の本田、31の香川の存在感はやはり絶大で、指揮官もこの1年間には香川と岡崎を呼んだ時期もあった。

 だが、1月のアジアカップで南野と堂安を徹底的に軸に据え続けるなど、日本代表が長年直面していた世代交代という課題を強力に推し進めようという姿勢は色濃く示していた。

 しかしながら、アジアカップで壁にぶつかった南野と堂安はスランプに近い状態に陥り、中島も強引にドリブルで敵陣をこじ開けようとするエゴの強いプレーが目についた。が、彼らを重用するという強い意思は変わらず、今回も三銃士をスタメンに抜擢した。

 今回のミャンマー戦では期待の若い世代が日本を勝利に導いただけでなく、後半からピッチに立った伊東純也や久保建英もそれぞれストロングポイントを発揮した。2018年ロシアワールドカップ最終予選で4試合連続ゴールの日本代表新記録を樹立した原口元気さえも今回ピッチに立てなかったほど、攻撃陣の選手層は分厚さを増した。そこには森保監督も大きな手ごたえを感じているはずだ。

 本格的な攻撃陣の若返りが進む中、さらなる逆風が吹き荒れると見られるのが、30代のベテラン勢だ。香川はカタールで3度目の世界舞台を立つことを視野に入れ、出場機会をコンスタントに得られるスペイン2部のサラゴサを選んだ。乾貴士が慣れ親しんだエイバルに復帰し、岡崎もウエスカに新天地を求めたのも「まだまだ日の丸をつけて戦いたい」という強い思いがあるからだ。

 コパアメリカで岡崎が大きな存在感を示し、吉田麻也が「やっぱりオカちゃんが入るとチーム全体が落ち着くという印象があった」と話すなど、2次予選スタートまではベテランの価値を再認識する傾向が強まりかけていた。しかし、このミャンマー戦で再び風向きが変わったのは否めない事実。「人材豊富なアタッカー陣はもはや若手だけでいいのではないか」という世論も一段と高まっていきそうな気配だ。

 実際、今回の試合で伊東が左サイドに入り、久保が右サイドを担ったように、今の若い世代は複数ポジションを柔軟にこなせる多様性がある。かつて香川がアルベルト・ザッケローニ監督時代に左サイドに回され、「自分のよさを出せない」と苦悩した時代とは選手個々の考え方が大きく変わっているのは事実だろう。

 新世代のスター・18歳の久保にしても「自分は(トップ下と右の)どちらで出たいとかいうつもりは全くない。チャンスがあるのであれば、GK以外ならどこでもいく気持ちで準備をしないといけないのかなと思います」と語っていたほどだ。

 南野にしても所属クラブでは2トップから左右の両サイドまで幅広くこなしているし、中島も堂安も2列目ならどのポジションでもある程度はやれる。原口も今季ハノーファーでは半分以上ボランチに入っているし、昨季は右サイドバックを担ったこともあった。

「幅を広げるのが必ずしもいいことではない」と原口は苦笑していたが、監督の指示をある程度、受け入れてチームの駒として献身的に働けるのが、今の30代以下のアタッカーの特徴と言える。スペシャリストが目に見えて減少している現代サッカーにあって、トップ下を主戦場としている香川、サイドアタッカーの乾というのは使いづらい人材かもしれない。

 とはいえ、まだ予選は始まったばかり。10月のモンゴル・タジキスタン2連戦、11月のキルギス戦と森保ジャパンの戦いは続いていく。その中でまだ代表通算5ゴールの中島、7ゴールの南野、3ゴールの堂安の三銃士がコンスタントに得点を奪い続けられるという保証はない。

 久保にしても、レンタル移籍したマジョルカで定位置を得らなければ代表招集自体も危うくなるし、伊東も今月から挑むUEFAチャンピオンズリーグで点を取って代表ポジション争いに弾みをつけられるどうか未知数だ。彼らがすんなり成長してくれれば、森保監督が強力に推進しようとしている若返りは一気に進むだろうが、そうでない場合は再び香川や乾、岡崎の必要性が叫ばれる可能性もゼロではない。

 もちろん、そのためには30代アタッカーの際立った活躍が必要だが、今季の香川の輝きを見ていれば、あり得ないことではない気がしてくる。代表キャリア12年で通算31得点というのはやはり偉大な数字。若い世代はその領域を超えるべく、ミャンマー戦で披露した得点に絡む仕事を増やし、予選を通してゴールラッシュを見せることが肝要だ。

 今、まさに大きな分岐点に立たされている日本代表。攻撃陣の世代交代が一段と加速するのか否か。最終的に生き残るのは若手か、ベテランか。ここからのサバイバル競争から目が離せない。(文・元川悦子)

東京五輪特集はコチラ

AERA dot.の関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon