古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

高騰する移籍金はどこから出てる?ネイマール290億円移籍の背景。

Number Web のロゴ Number Web 2017/09/13 並木裕太
ネイマールだけでなくムバッペが加わったPSG。カバーニを含めれば移籍金にして“570億円トリオ”である。 © photograph by AFLO ネイマールだけでなくムバッペが加わったPSG。カバーニを含めれば移籍金にして“570億円トリオ”である。

2億2200万ユーロ(約290億円)

(ネイマールの移籍金)

 近年、欧州サッカー界における移籍金の額が高騰しています。

 昨夏は、ユベントスに所属していたポール・ポグバに対し、マンチェスター・Uが当時の史上最高額となる8930万ポンド(約127億円、1ポンド=142円換算)もの値をつけました。

 今夏もロメル・ルカクが7500万ポンド(約107億円・エバートン→マンU)、カイル・ウォーカーがDFとしては当時史上最高額とされる推定5000万ポンド(約71億円・トッテナム→マンC)、エデルソンがGKとして歴代2位となる4000万ユーロ(約52億円、1ユーロ=130円換算・ベンフィカ→マンC)で移籍を果たしています。

 そして、最大の注目を集めたのがネイマールでした。文句なしの史上最高額、2億2200万ユーロ(約290億円)で、バルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が実現しました。

 なぜ移籍金はこれほど高騰しているのか? このお金はいったいどこから出てくるのか?

 今回は、その背景を考察してみたいと思います。

5年間の増収分の半分を、移籍金が占めている概算。

 まず言えるのは、欧州サッカー界全体が成長を続けている、ということです。

 2010~2015年にかけて、欧州主要リーグのクラブチームの収入は年平均約6%で成長。この間、移籍金総額は年平均約8%の伸びを見せています。

 また別のソースを見ると、2010-11シーズンから2016-17シーズンにかけての6年間で、欧州5大リーグに属するクラブの収入は年平均約9%成長。移籍金総額は年平均約18%も伸びています(図参照)。

 収入における移籍金の割合は25%前後ですから、データを用いて単純化すると、「100」の収入が1年後に「109」となり、「25」の移籍金は(年率18%で)「29.5」になった、ということになります。あくまで概算ですが、増収分の半分を移籍金が占めている計算です。

中国、アメリカによる獲得競争のグローバル化。

 市場全体が成長した恩恵を受けて移籍金がベースアップしていることが読み取れると同時に、増えた収入が積極的に移籍金に投じられていることも見えてきます。

 それではなぜ、各クラブは増収によって新たに使えるようになったお金を移籍金に回しているのでしょうか。

 理由の1つは、選手獲得競争がグローバル化していることだと推察されます。

 フィールドマネージメント社の調べによると、2010-11シーズン、世界の年俸トップ100の選手のうち、実に95人が欧州5大リーグに所属していました。ところが2015-16シーズンになると、欧州5大リーグに所属する選手は80人まで減り、その代わり、中国やカタールといった国々のリーグに属する選手たちがトップ100に食い込むようになっています。

 なお、2010-11シーズンにおける年俸トップ100のうち欧州5大リーグ以外でプレーしていた選手は、ケビン・クラニー(ディナモ・モスクワ=ロシア)、ロナウジーニョ(フラメンゴ=ブラジル)、デイビッド・ベッカム(LAギャラクシー=アメリカ)、デコ(フルミネンセ=ブラジル)、ティエリー・アンリ(ニューヨーク・レッドブルズ=アメリカ)の5名でした。

 アジア、中東、北米等のビッグマネーが移籍市場に流れ込んだことで、競争が激化し、価格が高騰している面があるのではないでしょうか。

放映権争い、スター選手加入、リーグの価値の維持。

 また「放映権」争いがそこに拍車をかけている可能性もある、と私は推察します。

 そもそも近年の欧州リーグの経済的成長は、放映権収入の伸びによってもたらされた部分が大きいと言えます。大容量録画やオンデマンドサービス、インターネットの無料動画などが浸透し「いつでも好きな時に視聴できる」環境が整った映像エンターテイメント業界において、「リアルタイムで見てこそ醍醐味を味わえる」ライブコンテンツの価値は年々高まっています。

 その代表格であるスポーツ、とりわけ世界的に人気の高い欧州サッカーの放映権獲得をめぐる競争は激しさを増し、放映権料の高騰につながってきました。

 もちろん多くの場合、放映権収入はリーグを通じて各クラブに分配されるため、個別のクラブが移籍金を積み増す直接の理由にはなりません。ただ、高い移籍金を支払ってでもスター選手を獲得することはチームの強化に加えて、リーグの価値を高め、ひいては分配金の増加という果実を得ることにもつながるので、クラブにとってのメリットも決して小さくないはずです。

移籍金が「払いやすいお金」である理由って?

 そして、各クラブにとって移籍金は、性質上実は「払いやすいお金」でもあります。

 移籍金は選手に支払う給与と異なり、クラブ間で移動するお金です。今回は選手の獲得のために高い金額を支払ったけれども、前途有望な若手選手を自前で多く育てることができれば、今度は売る側になり、支払ったお金も将来的には回収可能――移籍金とはそんな見方ができる、いわば「サッカー界を循環するお金」なのです。

 先ほど述べたように世界からの競争参入者が増えたことで獲得コストの高騰が起こっているとはいえ、それは同時に売却によるリターンの額の高騰も意味し、「高いから買わない」ではなく「高いけど、同等かより高く売れそうだから買い」の状態、要は相場全体が高い状態にあると言えるのではないでしょうか。

ネイマール移籍はカタールまで絡む特殊な事情が。

 また、移籍事情に詳しいサッカー界関係者に聞いたところでは、ネイマールの巨額移籍には特殊な事情が絡んでいるようです。

 ネイマールを獲得したPSGの株式は、その100%をカタール王国が運営する投資機関、QSI(カタール・スポーツ・インベストメント)が保有し、さらに同国の観光振興部門QTA(カタール・ツーリスト・オーソリティ)が大口のスポンサー。加えて同国スポーツメディアの「BeINスポーツ」がリーグ・アンの放映権市場に参入するなど、カタールとPSG、カタールとフランスサッカー界のつながりはかなり密接なものになっています。

 一方、そのカタールは2022年のW杯開催が決まっているものの、今年6月「テロ組織を支援している」などの理由でサウジアラビアやUAEなど周辺諸国から国交断絶を言い渡されるという苦境に立たされています。

 このような状況の中、サッカー界においてプレゼンスを高めたいカタールの意向がPSGやフランスサッカー界への投資を加速化させ、その延長線上にネイマールの獲得があるというのです。

 さまざまな事情が絡み合う移籍金の高騰は、世界各国リーグのパワーバランスが均衡に達するまで、しばらく続くのかもしれません。

(構成:日比野恭三)

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon