古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

U-20W杯日韓戦で悔やまれるミス。菅原由勢は、必ず壁を越えられる!

Number Web のロゴ Number Web 2019/06/12 11:15 安藤隆人
U-20W杯で韓国に敗れ、うなだれる菅原由勢。悔しい思いを東京五輪、そしてA代表のピッチに立つための活力に変える。 © Bungeishunju Ltd. 提供 U-20W杯で韓国に敗れ、うなだれる菅原由勢。悔しい思いを東京五輪、そしてA代表のピッチに立つための活力に変える。

 筆者は良い選手、学びながら成長する選手の条件として、自分が起こした現象に対し、しっかりと細かく理論立てて振り返られることを挙げる。

 それは成功体験と失敗体験の両方に当てはまる。

 例えば「ゴールを決めた」という現象に対して、ただゴールという結果に満足するのではなく、それが「すべて狙い通りのゴール」なのか、「偶然に生じたゴール」なのかでは大きく異なる。もっと細分化すると「ここまでは狙い通りで、ここからはリアクション」だったり、「この狙いだったが、状況が変わって別の選択をした」、「狙い通りの形に持ち込めなかったが、そこから強引にシュートまで持っていくことができた」など、どこまでが偶発で、どこまでが必然か。

 必然から偶発に切り替わった瞬間や、偶発の際の状況詳細まで頭に入れて、考えを張り巡らすことで、「次、同じようなシチュエーションになったときにどうすべきか」と明確な問題意識を持ってトレーニングや試合に臨むことができる。

成長する術を持つ菅原由勢。

 ミスに関しても、ただ単に「ミスをしてしまって反省している」だけでは、同じことを繰り返すだろう。

 なぜミスをしてしまったのか。

「ここまでは意図していたが、この部分をミスしたことで、失点につながってしまった」、「ここに来ると思ってこう準備をしていたが、その裏をかかれて、出足が遅れてしまった」など、細部まで目を配ることができるか。

 ミスの原因に近づいて、自分の足りない部分を具体的に把握し、レベルアップにつなげられるか。これができるか否かで、選手としての質は大きく異なってくる。

 前置きが長くなってしまったが、U-20日本代表を取材して、DF菅原由勢はこれを高次元で行える選手であると改めて感じた。

U-20W杯は4戦すべてにフル出場。

 ラウンド16で幕を閉じたU-20W杯において、4戦すべてにスタメンフル出場を果たした菅原は、ピッチ上でも冷静に戦況を見て、その瞬間に適したプレー選択をし、かつ二手、三手先まで考えながらプレーしていた。

 中でもグループステージ3戦に関して、彼は“影のMVP”と言ってもいい存在だった。右サイドバックとして、高い位置でワイドに張り出すだけでなく、サイドハーフやFW、ボランチの位置を良く見て、インナーラップを仕掛け、ポゼッションに加わり、ときには裏を突き、攻撃の大きなアクセントになっていた。

 守っても素早い攻守の切り替えを駆使して、コース限定とボール奪取を見せるなど、チームの動脈の1つとなっていた。

 韓国戦では前半は5バックでブロックを敷いてきた相手に対し、右サイドから積極的にクサビを打ち込み、インナーラップを仕掛けてゴールに迫るなど、攻撃において大きな存在感を示していた。

たった1つの痛恨のミス。

 だが、84分に彼をどん底に突き落とすシーンが訪れてしまった。

 ペナルティエリア内左に潜り込むようにドリブルをしてきたMFチョン・ホジンに対し、菅原はドリブルコースを消す形で相手とボールの間に身体をねじ込みボールを奪った。うまく両腕を使ってチョン・ホジンをブロックしながらキープすると、身体を捻らせて右足で縦パスを送り、ボールを繋く判断を下した。

 しかし、そのパスが相手DFチェ・ジュンに直接渡ってしまった。フリーのチェ・ジュンは右足でクロスを送り込むと、FWオ・セフンがヘッドでゴール右隅に流し込み、韓国に決勝弾となるゴールを与えてしまった。

 痛恨のミス。筆者は画面越しでしか分からなかったが、試合後のピッチで最後まで起き上がれなかったのが菅原だったと聞いた。W杯のラウンド16という大舞台で、敗戦に直結するプレーをしてしまったのだから、そのショックは計り知れないだろう。

「死の組」を無敗で2位通過した立役者だったからこそ、あまりにも落差の大きい、残酷な結末だった。失意の韓国戦から2日後、彼は成田空港で取材を受けてくれた。

「全体的なシーンをイメージしようとしても、結局最後に頭に残るのはあのシーンです。前半、縦パスを何本か通すことができたと考えても、最後はそこに帰着してしまいます」

 彼の口から出たのは、やはり「あのシーン」についてだった。

菅原に見えていたカウンターの糸口。

「正直、簡単に切り替えようとは思っていないし、簡単に切り替えられるようなことでもないと思っています。本当に試合後のホテルでも、帰りの飛行機でも寝ようと思っても全然眠れなかった。しばらく考える時間が続くのかなと思っています」

 彼の口からこうした言葉が出るのはある程度予想はできた。だが、はっきり言ってほじくり返されたくないであろうあのシーンの詳細について聞くと、彼はしっかりと自分の言葉で真意を語ってくれた。

「(ボールを奪った後に)僕がパッと前を見たときに(中村)敬斗がいて、彼へのパスコースが空いていたので、そこに速いボールを通そうと思ったのですが、思ったよりもキックミスというか、弱くなってしまった。もしあそこだったら相手のサイドバックが前に来ていたので、もっと山なりのボールというか、置くようなボールでもよかったのかなと、もう考え始めたら止まらないです」

 あのシーン、彼はあの追い込まれた状況でFW中村へのパスコースがはっきりと見えていた。そこにパスを通せば、日本のカウンターの糸口になり、先制点をもたらす可能性が大きいことまで見えていた。だが、パスの種類の選択をミスしてしまったのだった。

“あのプレー”に後悔はない。

 彼はどこまでが狙い通りで、どこからがミスなのかはっきりと理解していた。彼の言葉を受けて、「パスミス直前まではイメージ通りだった?」と聞くと、「はい、そこまで完璧にイメージ通りでした」と即答した。

「VARによるゴールの取り消しもそうですし、ビッグチャンスが2、3回あった中で『取りきれないな』と思っていました。もちろん延長もあることは視野に入れていましたし、正直最後の方は韓国も時間がないと焦っていて、穴というか、スペースができ始めていたので、そこで(打開策を)色々見ていた時に……。

 なんというか、あのシーンはさっきも言ったように、『繋げる』と思って最後のプレーをしましたし、あそこで繋ごうとした意志は、僕はしっかりと周りが見えていて、チームの状況を考えて、蹴り出すより攻撃に繋げた方がいいと判断した上でしたので、あのプレーを選択したことに後悔はないです。

 ですが……あそこで(パス)ミスをしてしまうのは、まだまだ自分の技術や実力が足りないことを感じましたし、今でも本当に何回も頭の中をよぎりますし、忘れることは一生ないと思います」

 脳裏に強烈に刻まれた強烈な記憶。だが、そこから目を背けずに、苦しみながらも深く、冷静に見つめようとする彼の覚悟が伝わった。

「この壁を超えてこそ一流」

「W杯の日韓戦という大きな舞台であのミスをしてしまったのは、確かに僕自身の実力不足ではありますが、絶対に越えることができる壁だと思うし、困難というものは超えられる選手にしか与えられないものだと思っています。僕にはこの借りを返せるチャンスはまだまだあります。この先には五輪もありますし、A代表というチャンスもあるので、もう今はそこに向けて自分のレベルを上げていくしかない。

 自分自身、この壁を超えてこそ一流というか、本物の日本代表としてプレーできると思っているので、この壁を超えて、いや壊して、さらにもう1個高い壁を登らないといけないなと思っています」

 最後に菅原はこう言い切った。

 ショッキングな出来事に遭遇した時こそ、人間の本質が問われる。冒頭で述べたように、ただ単に「ミスをした」、「できなかった」というあまりにも抽象的な言葉で片付けている人間に、目の前に立ちはだかった壁の正体は見えない。

 むしろ勝手に「なんか知らないけど、壁にぶち当たっている」と思い、具体策を持とうとしないまま、その壁に抗おうとし、最終的には超えられず疲弊するだけになる。

 菅原は壁の構造、高さ、厚みまでしっかりと捉えている。だからこそ、登る手段を練りながら、壁の向こうの景色に希望を見出し、さらなる壁の出現を欲している。

 今、菅原由勢というプロフェッショナルなフットボーラーは、確実に「成長のサイクル」に身を置いている。そう、自分が見つめる壁は、決して超えられない壁ではないのだから。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon