古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

伊藤美誠と中国選手の本当の距離は?松崎コーチが語る転機と金メダル。

Number Web のロゴ Number Web 2020/06/07 11:35 佐藤俊
松崎太佑コーチと伊藤美誠。日本卓球界の悲願である中国超えへの期待が2人に寄せられている。 © Number Web 提供 松崎太佑コーチと伊藤美誠。日本卓球界の悲願である中国超えへの期待が2人に寄せられている。

 今年7月に開催される予定だった東京五輪が来年7月に延期された。突然あらわれた1年間という時間については様々な捉え方があるだろうが、伊藤美誠を世界ランキング2位に押し上げた松崎太佑コーチ(崎は本来はつくりの上部が「立」)は、どう考えているのだろうか。

――東京五輪が1年延期になり、伊藤選手はポジティブにとらえているようですが、松崎コーチ自身はどう考えていますか。

「僕もプラスに考えています。1年後、美誠は間違いなく今よりも強くなっているので、楽しみですね。マイナス面でいえば大会がしばらくないこと。美誠はすごく試合が好きなので、モチベーションの維持が難しくなっています。今は、普段の練習から少し多めにゲーム練習をして、試合勘が落ちないように工夫しています」

――練習メニューは、松崎コーチが考えているのでしょうか。

「リオ五輪が終わってからは、100%美誠が練習メニューを決めたり、逆に僕が100%決めたりいろいろやっていましたが、今は50%ずつですね。1日、だいたい5時間ぐらいの練習時間の3時間は美誠が考え、残りの2時間を僕が考えた練習です。1人の考えで練習を決めてしまうと視野が狭くなるというか、気になったところばかりに偏ってしまうんですよ。今は、試合がないのでなかなか気付きづらいんですが、できるだけ勝つためという方向性からずれないようにやっています」

 2人の付き合いは伊藤が小学生の時からだが、中学の時に専属コーチになって、7年が経過する。その間、試行錯誤しながら伊藤に合った指導を見つけ、成長に繋げてきた。

――練習の内容は、リオ五輪前と変わりましたか。

「だいぶ、変わりましたね。リオ五輪までは極端に言うと、ゲーム力、頭のトレーニングが主だったんです。こういう展開になって、こうしたら相手の裏を突けるとか、そういうことですね。あとはもともとテクニックの高い選手なので、それを頭とミックスしてある程度勝つことができていたんです。でもリオ五輪が終わった後、しばらく勝てなくなったんですよ」

――リオ五輪で燃え尽き症候群のようになってしまった。

「それもあったと思いますし、周囲のレベルが上がり、頭だけのトーレ二ングでは勝てなくなったんです。しかもリオ五輪が終わって半年間は、1日2時間ぐらいしか練習をやっていなかった。僕は、『練習をしないと勝てなくなるよ』と言ったんですが、美誠がその気にならなくて、それがそのまま結果に出ていました。全日本選手権(2017年)で5回戦で負けて、さすがにこのままじゃまずいと気が付いてからは練習量が増えましたね」

「待つことは美誠にとってすごく大事」

――強化の方針も変わったのですか。

「変えましたね。リオ五輪までの美誠はこの選手には勝てるけど、このタイプには負けてしまうとか、相性がはっきりしていた。でも、東京五輪で金メダルを獲得するためには誰にでも勝てないといけない。そのためには自分の実力そのものを上げる必要があるので、卓球の基礎的な力を上げていくしかない。そこは美誠と相談して練習の方向性を決めました。少し時間がかかりましたけど、結果的に良かったです」

――コーチの仕事として待って、考えさせることも大事ですね。

「美誠は自分の考えをしっかりと持っているので、周囲が強くいってもそれをすんなり受け入れるタイプじゃないんです。自分が経験し、納得しないと練習や試合に入っていけないタイプなので、待つことは美誠にとってすごく大事なことだと思っています」

 リオ五輪の頃、試合前は対戦相手の情報を綿密に分析し、対策練習に集中していた。伊藤に相手の傾向と弱点を多くの時間をかけて伝え、試合に立たせていた。

――試合前は今も対策練習が中心ですか。

「今、対策練習はほとんどしていないですね。大会前もとにかく自分の実力を上げる基本的な練習ばかりです。対策を考えるのは現地に入って1回戦の相手が決まってからで、2回戦以降の選手は試合前の練習の時だけですね」

 松崎コーチは、伊藤を指導するようになってから相手選手を研究する対策ノートをつけてきた。リオ五輪が終わるころには80冊以上にもなった。

――今もノートをつけているのですか。

「今も書いています。ただ、ノートに書くのは試合前の対策と試合中の気になったところ、そして試合後の復習ですね。美誠のコンディションとか調子について、例えば調子が悪いところが出来てきた時、どういう練習を、どんな意識でしたらいい方向に向かったとか、そういうことはタブレット(パソコン)に書いています。今は、そういうページが増えて、逆に対策のページは減りました」

――動画を見て分析するのはリオ五輪の頃と変わらないですか?

「動画での分析は今もしていますが、前ほどじゃないですね。最近は素人の練習や卓球のユ-チューバ―の動画を見ています(笑)。素人の動画はけっこう練習のヒントになったりするんですよ。独特のスタイルでサーブしたり、打ち返したりするんですけど、基本からズレているから相手がやりづらくなるんです。

 普通の練習だけだと頭が固くなるので、そういう突拍子もないことをやるのも大事。もともと美誠の卓球は基礎と面白い卓球のミックスですからね。たまに美誠に動画を見せると『おもしろい』と興味を持つので、そうして発想力を広げていくことも大事かなと思っています」

言葉の変化にみるマインドの進化。

 対戦相手への対策練習が減少したことは、自分の卓球ができれば勝てるという自信の裏返しであるとも取れる。実際、試合中における伊藤の表情は変化が少なくなり、ゲーム間の松崎コーチとのやり取りでは納得の表情を浮かべ、いいリズムで試合に集中できている。それも結果を残せている大きな要因のひとつだろう。

――試合中、伊藤選手に掛ける言葉は変わってきましたか。

「リオ五輪の後、1年ぐらいはゲーム間のアドバイスは戦術的なことが多かったんですけど、今は、その時に気をつけないといけないことを3つぐらい伝えています。それは相手がどうこうよりも美誠自身が気をつけないといけないことがメインですね」

――試合中だけに戦術的な言葉が主だと思っていました。

「戦術的なアドバイスをしても今の卓球の試合は、相手も試合中にどんどん戦術を変えてくるんですよ。ひとつふたつアドバイスをしてもその瞬間は効果的ですけど、ゲームの後半になると展開が変わってきます。それに戦術的な変化には自分で対応していかないと今の卓球は勝てないんです。だから、劣勢になっても崩れないようにとか、逆にリードしている時は気を抜かないとか、美誠はリードしていると気を抜いてしまうタイプなので(苦笑)。そういうメンタル的なことをアドバイスしています」

――伊藤選手からの言葉に変化はありますか。

「前は、『どうしたらいい?』というのが多かったですが、今は『こう思うけど、どうかな?』という感じですね。美誠が考えていること、感じていることと僕が考えていることはだいたい同じなので、『いいと思うよ』と話をしています。僕に全部の答えを求めるのではなく、自分で考えてから意見を聞いて判断するようになったのは、リオ五輪から成長した部分だと思いますね」

世界2位でもまだ1度も勝てていない相手。

 東京五輪まで1年以上あるが、金メダルへの道は容易ではない。世界ランキング2位まで上り詰めたが、トップには過去シングルスで4戦して1度も勝てていない陳夢がいる。世界ランキングのポイントがダントツの女王を倒さない限り、金メダルは見えてこない。

――東京五輪は中国選手への戦略が重要になってきますが、陳夢選手にはシングルスで1度も勝てていません。

「陳夢選手は今、一番強いですが、東京五輪までには1勝はしておかないといけない相手です。このまま一度も勝てないままだと、いざ五輪で対戦した時に自信を持ってプレーされてしまいます。1ゲームを取られようが2ゲーム失おうが、メンタル的に落ちず、怯まない。

 でも、1回でも勝っておけば五輪で1ゲーム取った時、相手が『あれ?』とメンタル的に落ちてくるのでチャンスが出てくるんです。そのためにも東京五輪までの直接対決の結果がすごく重要になってきます。ただ、中国には他にも強い選手がたくさんいますからね」

――でも、中国選手への苦手意識はないですよね。

「それはないですが、中国のトップ選手に比べると、美誠の実力はまだ落ちます。世界ランキング2位になっていますけど、その順位の力はまだないと思っていますし、僕はランキングよりも中国の選手との直接対決でどれだけ勝つのかというのが大事だと思っています。

 陳夢選手には1度も勝てていないですし、孫穎莎選手や王曼昱選手には昨年、負け越しています。昨年の4月以降、五分五分で戦えているのが丁寧選手ぐらいで、対戦成績を見てみると中国の若い選手に勝てていないんですよ」

――中国の壁は厚い。

「それだけすごい量と質の高い練習していますし、相手よりも基礎能力が高いのでちょっと落ちても勝てるんです。しかも、どんどんいい選手が出てくるのでトップ層が非常に厚い。それに中国の選手は世界選手権や五輪など大きな大会にはしっかりと仕上げてきます。

 リオ五輪では4つの金メダルを独占しましたからね。正直、ワールドツアーでは五分五分で戦えたとしても五輪で勝つのは難しいですし、普段の大会で勝てない選手に五輪で勝つのはもっと難しいですね」

金メダルは「うっすらと見えている」。

――今、伊藤選手は松崎コーチの描くレベルのどの地点まで来ていますか?

「結果的に世界ランキング2位になっていますし、リオ五輪の時や昨年と比較しても右肩上がりで成長はしていると思います。でも、どのレベルの地点まで来たとか、そういうことはまったく考えていないですね。卓球は月に1、2大会あって、その大会で優勝するためにはどうしたらいいのか。そういう考えで練習して、負けたらどういう練習をすべきなのか、ということの繰り返しです。

 大会、試合ごとの短いスパンで考えて、その積み重ねでここまで来ているんです。東京五輪はもちろん特別な大会ですけど、これまで通り、日々の練習の充実と試合毎に勝つことを目標にして、それが最終的に金メダルに結びつけばいいかなと思っています」

 型にハマったやり方ではなく、試行錯誤しながらも伊藤美誠の個性に合った強化で成長を促し、幾つもの中国の山を乗り越え、あと1人というところまで来た。独特のサーブとハイスピードの攻撃で8月以降に始まるツアーで中国の選手に勝ち、勝ち癖をつけていく。その中で松崎コーチの気づきと導きが、「うっすらと見えている金メダル」を手にする力になっていく。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon