古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「沖ノ島」のほかは?世界遺産に追加された世界の名所20件

Photos ロゴ Photos | 21 枚のスライドの 1 枚目: Japan, Shimane Prefecture, Oki District, View of Oki Islands.

「沖ノ島」のほかは?世界遺産に追加された世界の名所20件

2017年7月、ポーランドのクラクフで第41回世界遺産委員会が開催され、同年新たに21件の世界遺産が誕生した(文化遺産18件、自然遺産3件、複合遺産0件)。世界全体で世界遺産登録総数は1073件となった。また日本における21件目の世界遺産となる「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」も新しくリスト入りが採択された。同年に新たに登録された世界遺産の概要をご紹介する。

(写真)宗像・沖ノ島と関連遺産群(日本 福岡県 文化遺産)

2017年7月にユネスコの世界文化遺産登録が正式に決定した、宗像・沖ノ島と関連遺産群。4-9世紀に航海の安全を祈る古代祭祀(さいし)が行われた九州北部の沖ノ島は島全体が「神宿る島」の神体とされ、今も一般の立ち入りを制限している。人々は古来この場所を敬い、畏れ、祈りを捧げてきた。島では祭祀遺跡が膨大な数の奉献品とともに手つかずで残されており、古代東アジアにおける活発な対外交流が進んだ時期に発展した、こうした信仰の文化的伝統の形成と継承の過程を物語る世界でも例のない遺産群となる。

© JTB Photo/UIG via Getty Images
image beaconimage beaconimage beacon