古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

【日本の冬絶景】寒いからぬくもりが嬉しいストーブ列車 青森県の雪景色

TABIZINE のロゴ TABIZINE 2020/01/15 12:30

日本の四季の中で、凛とした冬に惹かれます。着飾ることなく、媚びることなく、色彩を削ぎ落とす潔さ。あるがままの姿で佇む冬に、神様は白いコートをふわりとかけてくれます。空から舞い降りてくる白いもの。汚れも痛みも受け入れ、大地を、山を、海を、川を、白く包み込みます。私たちが待っていたのは、「雪」でした。TABIZINEでは「日本の冬絶景」を連載でお届けします。今回は、青森県の冬絶景。青森県は例年11月上旬〜4月上旬頃に雪景色が見られます。

(C)Shutterstock.com

冬だからこそ暖かさが分かる ストーブ列車<青森県五所川原~津軽中里駅間>

(C)PixHound / Shutterstock.com

© TABIZINE 提供

(C)PixHound / Shutterstock.com

2019年12月1日(日)〜2020年3月31日(火)まで冬季限定で運行される「ストーブ列車」は、ダルマストーブの暖房で客車を暖めるレトロな列車。2両編成列車で、1両に2基だるまストーブが設置されており、石炭を補充するのは車掌さんの仕事。1930(昭和5)年12月に登場してから現在4代目の車両内部は木製で、ホッとするぬくもりを感じます。ポカポカの車内で、車窓の眩しいほどの雪景色を楽しんでいると、片道約50分があっという間。車内販売されるスルメを、ストーブで炙って食べるお楽しみもあり。

ストーブ列車

【実施期間】2019年12月1日(日)から2020年3月31日(火)まで 

日中の3往復のみストーブ列車で運行。公式サイトにてご確認ください。

【住所】五所川原~津軽中里駅間

【入場料】乗車券+ストーブ列車券400円

【公式サイト】ストーブ列車 津軽鉄道

http://tsutetsu.com/stove.html

https://youtu.be/cuexlYxZIfk

ストーブ列車で行く! 青森を味わう旅(日本語版)/AFB WAKUWAKUAOMORI

都会生活では想像できない 雪国地吹雪体験<青森県五所川原市>

雪国地吹雪体験 五所川原市 © TABIZINE 提供 雪国地吹雪体験 五所川原市

写真提供:公益社団法人青森県観光連盟 

雪国を訪れるなら、雪を眺めるだけでなく、自ら体験したいものです。地面に積もった雪が強風で舞い上がり、視界が白一色となって何も見えない状態(=ホワイトアウト)になる、津軽名物の「地吹雪」を実際に体験してみましょう。角巻(ショール)・もんぺ・かんじき(雪用の履物)の北国3点セットを身に着けて、地吹雪の中へGO!都市生活では味わえない、雪の壮絶な美しさと向き合えます。体験後は、郷土料理の「鱈のジャッパ汁」で身体を温めるサービスあり。とても寒いので、参加の際はしっかり防寒して。

雪国地吹雪体験 五所川原市

【開催日時】1月下旬~2月上旬の土曜・日曜

【住所】津軽鉄道「金木駅」に集合

【体験料】大人 3,000円

【公式サイト】地吹雪体験 五所川原市公式観光サイト

http://www.city.goshogawara.lg.jp/tourism/play/jihubukitaiken.html

https://youtu.be/FtNGr09EfkQ

地吹雪ツアー、今年も始まる 青森/朝日新聞社

雪と氷の美しき世界 十和田湖冬物語<青森県十和田湖畔>

写真提供:公益社団法人青森県観光連盟 

雪と氷で覆われた、真冬の十和田湖で行われるイベント「十和田湖冬物語」。青色LEDを使ったトンネルや雪と光のゲート、雪灯籠(スノーランプ)、乙女の像のライトアップなどが行われます。氷のグラスでお酒をいただく「かまくらBAR」や、ご当地グルメが立ち並ぶ「ゆきあかり横丁」も魅力。最後は毎日打ち上げられる、くっきり澄み渡る冬空の花火を楽しみましょう。

十和田湖冬物語

【開催日時】2020年1月24日(金)~2月24日(祝)

【住所】十和田湖畔休屋特設イベント会場

【入場料】無料

【公式サイト】十和田湖冬物語 2020

https://www.aptinet.jp/Detail_display_00000687.html

冬の日本海を眺めて揺られる 五能線<青森県川部駅〜秋田県東能代駅>

© TABIZINE 提供

(C)Shutterstock.com

青森県・川部駅と秋田県・東能代駅を結ぶ全長147.2km、43駅の五能線は、一度は乗ってみたいローカル線として全国的で人気。車窓からドラマチックな冬の日本海を眺めれば、旅情は最高潮に盛り上がります。

五能線

【住所】青森県川部駅〜秋田県東能代駅

【入場料】五能線フリーパス 大人3,880円(自由席 2日間)

【公式サイト】五能線フリーパス 東日本旅客鉄道株式会社

https://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?GoodsCd=2536

リゾートしらかみ - 東日本旅客鉄道株式会社 秋田支社:五能線

https://www.jreast.co.jp/akita/gonosen/

寒いから創り出される日本の冬絶景。今の時期にしか見られないものですから、温かい格好で防寒して、ぜひ訪れたいものです。

注意:記事掲載の情報は、2019年12月現在のものになりますので、詳細につきましては、公式サイトで確認または開催団体へ直接お問い合わせください。

この機能は、お使いのブラウザーのバージョンではサポートされていません。この機能を使うには、Internet Explorer の最新バージョンにアップグレードすることをお勧めします。

TABIZINEの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon