古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

“ヒュッゲ”なホリデーギフトが集合!クリスマスマーケット〈ヒュッグリ市〉

コロカル のロゴ コロカル 2018/12/05 20:49 コロカル編集部
© MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供

【Photo Gallery】記事の写真一覧 →

クリスマス&お正月も、もう目前!2018年12月8日(土)・9日(日)の2日間にわたり、東京・清澄白河の〈The Fleming House〉にて、国内外のクラフトブランドが集まる〈ヒュッグリ市(HYGGELIG MARKET)〉が開催されます。2日間で全25ブランドが出店する、にぎやかなマーケットです。

HYGGELIG MARKET © MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供 HYGGELIG MARKET

The Fleming House

HYGGE(ヒュッゲ)とは、デンマーク語で、居心地のいい時間、いい場のこと。HYGGELIG(ヒュッグリ)はその形容詞で、心地よい、やすらぐ、ほっこりに近い意味です。

主催は、デンマークにも活動拠点のあるバウム社。ヒュッグリ市は、“ヒュッゲ”な時間をつくりたくなるヒュッグリなモノや食べ物とその作り手と出会えるマーケットです。

HYGGELIG MARKET © MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供 HYGGELIG MARKET

ReBuilding Center JAPAN(古材・古物|長野)

HYGGELIG MARKET © MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供 HYGGELIG MARKET

yaso(森のカケラ|長野・東京)

HYGGELIG MARKET © MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供 HYGGELIG MARKET

cuiiji(猪肉の缶詰|北海道・島根)

HYGGELIG MARKET © MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供 HYGGELIG MARKET

ReBuilding Center JAPAN(古材・古物|長野)

今回の開催テーマは、「贈る相手を想うヒュッグリな物」。クリスマス・年末年始にちなんで、家族、友人同士の団欒にあたたかさを添える全25ブランドが出店者します。長野県でツリーケアを手がける専門店による「yaso」の枝や実を使った製品、北海道・島根の「cuiiji」の猪肉の缶詰などなど、贈り、贈られることで、心まであたたかくなるようなアイテムが揃います。

HYGGELIG MARKET © MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供 HYGGELIG MARKET

ampere(サンドイッチ|東京)

HYGGELIG MARKET © MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供 HYGGELIG MARKET

当日は、クリスマスカードをつくるワークショップや、クリスマスのテーブルを彩るクラフトフードも!ぜひご家族で、おでかけしてみてはいかがでしょうか。

information

ヒュッグリ市(HYGGELIG MARKET)

日時:2018年12月8日(土)16:00~20:00|12月9日(日)11:00~18:00

会場:東京都江東区三好2-6-10 The Fleming House

問い合わせ先:03-6434-0018

■出店者・ブランド一覧

・12月8日(土)のみ出店:3ブランド

Paper Parade Printing(紙活版|東京)/papernica(紙の楽器|大阪)/MIN(ヘアバンド|東京)

・12月9日(日)のみ出店:6ブランド

自由人酒場(創作おでん|東京)/石井久美子(焼き菓子|東京)/Mountain River Brewery(クラフトビール|東京)/ampere(サンドイッチ|東京)/Coffee Wrights(コーヒー|東京)/KOKODOKO STUDIO(ギフトカード|デンマーク)

・12月8日(土)・12月9日(日)両日出店:16ブランド

あおにさい酒店×VegetableRecord(クラフトビールと音楽|埼玉)/1畳ハウス(小屋|東京)/SFカレ~(カレー|東京)/大川硝子工業所(ガラスびん|東京)/かざまりさ(似顔絵|東京)/金さん銀さん(箔押し|東京)/cuiiji(猪肉の缶詰|北海道・島根)/+10(靴下|台湾)/苗床商店(かばん|兵庫)/中村利一とOOKIIINU(民芸と洋服|福井)/HaoChi Books(本・雑貨|東京)/へのへのもへじプレス(ZINE・カセット・ラジカセ|東京)/PORT(文房具|東京・茨城)/MIN(ヘアバンド|東京)/yaso(森のカケラ|長野・東京)/ReBuilding Center JAPAN(古材・古物|長野)

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

【colocal】Webマガジン・コロカルの記事 →

この機能は、お使いのブラウザーのバージョンではサポートされていません。この機能を使うには、Internet Explorer の最新バージョンにアップグレードすることをお勧めします。

colocalの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon