古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

おにぎりワークショップなど日本の食を知る100の体験と出会える収穫祭を開催!

コロカル のロゴ コロカル 2018/10/11 15:59 コロカル編集部
© MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供

【Photo Gallery】記事の写真一覧 →

〈一般社団法人おにぎり協会〉による47都道府県のごはんのおともでおにぎりをつくるワークショップ。

2018年10月11日(木)〜13日(土)、東京の虎ノ門ヒルズ・新虎通りエリアにて、〈東京ハーヴェスト〉が開催されます。

これは、東京ハーヴェスト実行委員会(オイシックス・ラ・大地株式会社、カフェ・カンパニー株式会社、一般社団法人 東の食の会)が主催する一大収穫祭。2013年にスタートし、今年で6回目を迎えます。昨年は2日間で4万人が来場したのだとか。

「田植え競争」の様子。 © MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供 「田植え競争」の様子。

「田植え競争」の様子。

昨年のマルシェの様子。 © MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供 昨年のマルシェの様子。

昨年のマルシェの様子。

パノラマスティールオーケストラ © MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供 パノラマスティールオーケストラ

パノラマスティールオーケストラ

今年は「日本らしさを称えよう。」をテーマに再開発が進む虎ノ門にてマルシェやワークショップ、ライブなど「日本の食を知る100の体験」が楽しめます。

食をめぐる16のワークショップ おにぎりのワークショップでは、47都道府県のごはんのおともでおにぎりをつくりながら、おにぎりにまつわるトークが聞けます。講師は〈一般社団法人おにぎり協会代表理事〉の中村祐介さん。(10月13日開催) © MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供 おにぎりのワークショップでは、47都道府県のごはんのおともでおにぎりをつくりながら、おにぎりにまつわるトークが聞けます。講師は〈一般社団法人おにぎり協会代表理事〉の中村祐介さん。(10月13日開催)

おにぎりのワークショップでは、47都道府県のごはんのおともでおにぎりをつくりながら、おにぎりにまつわるトークが聞けます。講師は〈一般社団法人おにぎり協会代表理事〉の中村祐介さん。(10月13日開催)

ぜひ参加したいのは、全国各地の食を体験できるワークショップ。

47都道府県の「ごはんのおとも」を具材におにぎりを握ったり、レモン農家さん直伝のオリジナルサワーをつくったり、京都の老舗おだし〈うね乃〉さんと自分好みのだしを見つけたり、日本の在来ハーブである薬草からブレンドティーをつくったりと、魅力的なワークショップが一杯です。ワークショップの事前申し込みはこちら(Peatix)から。

〈TAbeL〉代表/食卓研究家の新田理恵さんによるワークショップ〈秋のからだを整える在来ハーブのテイスティング&ブレンドティづくり〉。日本の在来ハーブである薬草をお茶にしてテイスティングすると、味の感じ方などで自分のからだのサインも見えてきます。直感でブレンドティをつくり、ティータイムを楽しみましょう。(10月12日開催) © MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供 〈TAbeL〉代表/食卓研究家の新田理恵さんによるワークショップ〈秋のからだを整える在来ハーブのテイスティング&ブレンドティづくり〉。日本の在来ハーブである薬草をお茶にしてテイスティングすると、味の感じ方などで自分のからだのサインも見えてきます。直感でブレンドティをつくり、ティータイムを楽しみましょう。(10月12日開催)

〈TAbeL〉代表/食卓研究家の新田理恵さんによるワークショップ〈秋のからだを整える在来ハーブのテイスティング&ブレンドティづくり〉。日本の在来ハーブである薬草をお茶にしてテイスティングすると、味の感じ方などで自分のからだのサインも見えてきます。直感でブレンドティをつくり、ティータイムを楽しみましょう。(10月12日開催)

屋台エリアで日本のお酒とアテのペアリングを楽しもう © MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供

新虎通りの屋台エリアでは、日本のお酒(日本酒・焼酎・ビール・日本ワイン)とさまざまなアテのペアリングを楽しめます。

たとえば、お財布に優しい居酒屋「せんべろ」の聖地ともいわれる東京都北区赤羽からポピュラーになった「出汁割り」。なんと、おでんの出汁と日本酒を混ぜていただくのだとか。日本酒には有機酸をはじめアミノ酸・糖分などの旨み成分が、おでんの出汁には昆布・鰹節のグルタミン酸・イノシン酸の旨み成分がたっぷり。それらの旨味成分を合わせていただくことにより、味の深みが増すのだそうです。

さらに、岩手県山形村のブランド牛の生産者さんが自ら焼く「短角牛」の希少部位や、たった4粒の種から復活した「奇跡のナス」でつくる味噌田楽が食べられる屋台なども。

全国のおいしいものが集う体験型マルシェ 昨年のキッチンカーの様子。 © MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供 昨年のキッチンカーの様子。

昨年のキッチンカーの様子。

東京ハーヴェストのマルシェでは、お客さんが生産者と出会い、食材に触れながらさまざまな体験ができることを目指しています。

産地直送のすだちをつかみ取りしたり、福井の生産者から一斗枡でお米を量り売りしてもらったり、漁師めしのつくり方を地元のお母さんから教わったりと、楽しみながらお買いものができそう!

新潟県・十日町市の十日町農業協同組合はお米の等級あてクイズを開催。同町の「米屋五郎兵衛 極」はJA十日町全収穫量の中でもわずか1%しかとれない希少なお米。おかず不要のおいしさを体験できます。 © MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供 新潟県・十日町市の十日町農業協同組合はお米の等級あてクイズを開催。同町の「米屋五郎兵衛 極」はJA十日町全収穫量の中でもわずか1%しかとれない希少なお米。おかず不要のおいしさを体験できます。

新潟県・十日町市の十日町農業協同組合はお米の等級あてクイズを開催。同町の「米屋五郎兵衛 極」はJA十日町全収穫量の中でもわずか1%しかとれない希少なお米。おかず不要のおいしさを体験できます。

期間中は駐車場に「農場」が出現。野菜やしいたけの収穫体験に挑戦できます。 © MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供 期間中は駐車場に「農場」が出現。野菜やしいたけの収穫体験に挑戦できます。

今年は駐車場に「農場」が出現。10月13日(土)は野菜やしいたけの収穫体験に挑戦できます。

今年の東京ハーヴェストには、日本の多様な食を体験できるチャンスがいっぱい。毎年人気の「田植え競争」などお子さんが楽しめるプログラムもたくさんあります。ぜひチェックしてみてくださいね。

information

東京ハーヴェスト

開催日:2018年10月11日(木)〜13日(土)

時間:12日(金)16:00〜20:00/13日(土)11:00〜19:00

会場:虎ノ門ヒルズ・新虎通りエリア

住所:東京都港区虎ノ門1-23-1

ワークショップの事前申し込み:Peatix

主催:東京ハーヴェスト実行委員会(オイシックス・ラ・大地株式会社、カフェ・カンパニー株式会社、一般社団法人 東の食の会)

Web:東京ハーヴェスト Facebook

writer profile

Yu Miyakoshi

宮越裕生

みやこし・ゆう●神奈川県出身。大学で絵を学んだ後、ギャラリーや事務の仕事をへて2011年よりライターに。アートや旅、食などについて書いています。音楽好きだけど音痴。リリカルに生きるべく精進するまいにちです。

【colocal】Webマガジン・コロカルの記事 →

この機能は、お使いのブラウザーのバージョンではサポートされていません。この機能を使うには、Internet Explorer の最新バージョンにアップグレードすることをお勧めします。

colocalの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon