古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

銭湯が学び舎!? REBIRTH PROJECTによる〈はだかの学校〉スタート

コロカル のロゴ コロカル 2017/03/20 コロカル編集部
© MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供

銭湯のお風呂のなかで授業!?

いま失われつつある銭湯文化を後世に残したい。このたび、東京・上野の銭湯〈日の出湯〉にて、REBIRTH PROJECTとアサツー ディ・ケイの協同による〈はだかの学校〉プロジェクトをスタートします。なんと、銭湯のお風呂のなかで、授業が行われる学校です。

© MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供

日の出湯 内観

〈はだかの学校〉は、銭湯を地域の学びの場として捉える試み。入浴(入学)試験もなし、学費も無料。通常の入浴料のみで、授業を受けることができます。

講師・生徒ともに地域の住民が中心で、授業内容についても老若男女問わず参加できる、地域や銭湯にゆかりのあるものを開催。地域の活性化につながることを目指しています。

© MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供

プロジェクト発起人 田村祐一(日の出湯オーナー/〈SAVE THE 銭湯〉代表)

プロジェクトの発起人は、日の出湯オーナーの田村祐一さん。田村さんは東京・蒲田にある〈大田黒湯温泉第二日の出湯〉の4代目で、銭湯の跡取りとして生まれ育ちました。

大学卒業後、家業である有限会社日の出湯に就職し、2012年5月より創業の地である浅草にある日の出湯のマネージャーとして、銭湯経営再建に着手しました。その後設備投資なしで業績回復に成功し、現在は銭湯を日本の未来に残すプロジェクト〈SAVE THE 銭湯!〉の代表も務めています。

まさに裸の付き合い。銭湯を地域交流の場に © MAGAZINE HOUSE Co.,Ltd. 提供

現在は『はだかの学校』Webサイトがオープン。4月から始まる学校の内容については、追ってアナウンスされるとのこと。

昭和43年をピークに、設備・建物の老朽化、経営者の高齢化などを原因として、その数を減らし続ける銭湯。ここ10年で約40%の銭湯が廃業となっているんです。〈はだかの学校〉プロジェクトをきっかけに、銭湯に近所の人がもっと集まり、地域の交流の場になっていく。そんな銭湯の新しい価値づくりにつなげたいと考えているそうです。

information

はだかの学校

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

コロカルサイトで記事を読む →

この機能は、お使いのブラウザーのバージョンではサポートされていません。この機能を使うには、Internet Explorer の最新バージョンにアップグレードすることをお勧めします。

colocalの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon