古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

がん公表の宮本亜門氏「落ち込んでいる場合じゃない」1

前立腺がんと診断されたことを公表した演出家の宮本亜門氏が、記者会見を開いた。宮本氏は、テレビ番組の企画で人間ドッグを受診。その結果、ステージ2の前立腺がんを患っていることが分かった。2年前に検査を受け、がんの可能性があることを知りながらも、「仕事があるから休めない」との思いで再検査を受けなかった宮本氏。2カ月に渡る中国での稽古がキャンセルになり、番組のオファーを受けたことが「ぎりぎり」での早期発見につながったそう。5月下旬に手術を受ける予定だが、セカンドオピニオンを求めることも考えているという。宮本氏は「落ち込んでいる場合じゃない」と前向きで、「死ぬ瞬間まで演出したい」と意気込んでいた。出席者:宮本亜門【時事通信社】
image beaconimage beaconimage beacon