古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

【映像】サルの群れはしご伝いで避難 南インドの増水した川から

 南インドのカルナタカ州で発生した洪水で、約100匹のサルの群れが木の枝に取り残されたが、3日後に縄ばしごを使って救出された。  同州では断続的に降り続いた雨で、パドラ貯水池が満杯になったため放流。トゥンガバドラ川が洪水になり、逃げ遅れたサルの群れが、岸から約200メートルの川中にある木の枝に取り残されたが、この木も半分以上が濁流の中で、サルには逃げ場がなかった。  これに気付いた村人が8月5日、地元の管理官に通報。管理官が森林局や消防署などから関係者を招集して、ゴムボートで救助に向かったが、サルは怖がって木の枝から下りようとしなかった。  そこで、縄ばしごを何本かつないで岸の木に結びつけたところ、リーダーとみられるサルが縄ばしごを渡ると、群れもこれに倣って岸の安全な場所に避難。発見から3日後に群れの全頭が避難を完了したという。 *映像は3倍速処理してあります。 (インド、チャーマラージャナガル、8月12日、映像:Newsflare/アフロ)

アフロの関連リンク

アフロの関連リンク

国内主要

海外

経済・マーケット

政治

世界のびっくり映像

image beaconimage beaconimage beacon