古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

【映像】パンダ研究基地の日本人女性 パンダ大好きな阿部展子さん

ジャイアントパンダは、多くの外国人観光客が一目見たいと、中国南西部の四川省にやって来るほど愛らしい生き物だ。 阿部展子さんは、そんな観光客とはちょっと違って、パンダの飼育員を目指して、数年前から成都の大熊貓繁育研究基地で暮らしている唯一の日本人女性だ。 小さい時からパンダが大好きだったという新潟県生まれの阿部さんは、高校3年生のとき母親に「そんなにパンダが好きならパンダ関連の仕事をしたら」と言われたのがきっかけで、パンダ飼育員を目指すことになったという。 日本の大学で中国語を学び、卒業後は四川農業大学に留学。3年後にやっとパンダ基地で働くことができた。 多くの人がパンダ飼育員という仕事を羨ましいと思うだろう。ふわふわの毛の可愛い動物と昼夜を問わず過ごすことができるからだ。しかし、飼育員は見た目ほど簡単な仕事ではないと阿部さんは言う。 (中国、成都、9月18日、映像:CCTV/アフロ)

次の動画

次の動画

海外

経済・マーケット

政治

世界のびっくり映像

image beaconimage beaconimage beacon