古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

【映像】事実誤認で黒人女性を拘束 謝罪に追い込まれた米の警察

 米中西部イリノイ州オーロラで8月3日、警察官が未成年者を含む黒人女性4人を後ろ手錠で、熱いコンクリートの地面に腹ばいにさせる映像がネット上に拡散し、地元警察署長が謝罪に追い込まれた。  4人の1人、ブリトニー・ギリアムさんが地元テレビ局に語ったところによると、ブリトニーさんと娘、妹、めいの4人でネイルサロンに行ったが、閉店だったので車に戻ったところを警察に拘束された。  オーロラ警察によると、盗難車の報告があり、ブリトニーさんの車の登録番号と一致していたという。しかし、警察は後になって事実誤認を認めた。  4人を後ろ手錠のまま地面に腹ばいにさせたことについて、臨時警察署長は「当該警察官は所定の手順に従っただけだ」と説明。逮捕手順に関する内部規定の改正を行うことを約束した。  その上で、臨時署長は「被害者擁護団体に連絡を取り、年齢に応じたトラウマ(心的外傷)治療を受けられるよう市に要請する」と家族に謝罪した。 (アメリカ、オーロラ、8月5日、映像:Jenni Wurtz via Storyful/アフロ)

次の動画

次の動画

アフロの関連リンク

アフロの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon