古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

【映像】厳戒態勢の米首都ワシントン 全米50州で同時多発テロの計画も

 ジョー・バイデン米次期大統領の就任式を6日後に控えた首都ワシントンでは、死者5人を出した先の連邦議会議事堂乱入の再発を危惧する当局が、州兵を動員するなど警備体制を強化している。  ホワイトハウスと議事堂周辺にはフェンスが設置される一方で、数千人規模の警察と2万人の武装した州兵が24時間態勢で、ワシントン記念塔やナショナル・モールなど重要地点の警備に当たっている。  ドナルド・トランプ大統領は1月11日、首都の非常事態宣言を承認。非常事態は、バイデン次期大統領の就任式が執り行われる1月20日を超えて、24日まで継続される。  その一方で、FBI(連邦捜査局)は、全米50州の州都と首都ワシントンで、トランプ大統領支持者らによる武装蜂起計画の情報を入手。仮に、バイデン次期大統領の就任以前に、トランプ大統領が何らかの形でホワイトハウスから退去させられるようなことになれば、全米50州の連邦と州の裁判所や、地方行政府が同時多発的に攻撃される可能性があるとして、警戒を強化している。 (アメリカ、ワシントン特別区、1月15日、映像:CCTV+/アフロ)

次の動画

次の動画

海外

経済・マーケット

政治

世界のびっくり映像

image beaconimage beaconimage beacon