古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

【映像】氷河の壁の間を歩く 北米アラスカのマタヌスカ氷河

 アルピニストのベンジャミン・リーバーさんが、10月22日に撮影した氷河の映像。  氷の壁で閉ざされた狭い隙間を歩くアルピニストたち。彼らが歩いているのは、アメリカで最も広い面積を誇る、アラスカ州の最大の都市アンカレッジから、北東に約160キロの距離にあるマタヌスカ氷河だ。  マタヌスカ氷河は、アラスカで車など陸路で訪れることのできる最大の氷河で、長さは約43.5キロ、幅は6.4キロに及ぶ。  リーバーさんは現在仲間たちと、「アラスカの自然保護区域プロジェクト」を進行中。その一環としてこの様な登山以外の「探検」も行っている。ほかにもアラスカ山脈の歴史などアラスカを多角的に紹介するプロジェクトとなっている。 (アメリカ、アラスカ州、11月30日、映像:Newsflare/アフロ)

次の動画

次の動画

国内主要

海外

経済・マーケット

政治

世界のびっくり映像

image beaconimage beaconimage beacon