古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

【映像】「世界一孤独なゾウ」の旅立ち カンボジアの保護区で余生を

「世界一孤独なゾウ」と呼ばれるオスのアジアゾウ「カーバン」の送別会が11月23日、35年間鎖に繋がれていたパキスタンの首都イスラマバードにある動物園で行われた。  カーバンは29日、カンボジアの保護区で新しい連れ合いを見つけて余生を過ごすため、ロシアの輸送機でイスラマバードを発ったが、ここに至るまでには、米国人歌手のシェールさんや、ウイーンを本拠に活動する世界的動物愛護団体「Four Paws」の活動があった。  2012年に連れ合いを亡くしたカーバンは、それ以降同動物園のたった1頭のゾウとして、精神的に不安定な状態が続いていたといわれていた。  カーバンを救うためのドキュメンタリーを制作しているシェールさんは、先週末イスラマバードを訪問して、3カ月続いた今夏の猛暑で、450キロ以上体重が減ったカーバンの第2の人生への旅立ちを見送った。  カーバンの輸送費用約40万ドル(約4200万円)は、シェールさんが支援する動物福祉グループ「Free Wild」とFour Paws、さらに米国のコラムニストで慈善家のエリック・マーゴリス氏が拠出した。 (パキスタン、イスラマバード、11月30日、映像:Newsflare/アフロ)

次の動画

次の動画

国内主要

海外

経済・マーケット

政治

世界のびっくり映像

image beaconimage beaconimage beacon