古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ドイツ生まれの球技ヘディス ヘディングだけの卓球

「ヘディス」は、卓球台を挟んで直径15.9センチ、重さ100グラムのゴムボールを、ヘディングのみで打ち合うドイツで生まれた新感覚の球技で、“ヘディング卓球”とも呼ばれる。 2006年、当時ザールラント大学の学生だったレネ・ウェグナーが考案した、卓球台を使ってヘディングだけで遊ぶゲームがヘディスの始まり。 それから13年たった現在、世界の競技人口は10万人まで膨れ上がり、世界各地で競技大会が開かれているという。 (ドイツ、カイザースラウテルン、8月14日、映像:Caters/アフロ)

次の動画

次の動画

アフロの関連リンク

アフロの関連リンク

国内主要

海外

経済・マーケット

世界のびっくり映像

image beaconimage beaconimage beacon