古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

【映像】「トイレットペーパー・ゲーム」 アーカンソー州に伝わる奇習

 米南部アーカンソー州のジョン・ブラウン大学(JBU)のバスケットボール・シーズン開幕戦は、「トイレットペーパー・ゲーム」と呼ばれ、地元では知らない人はいない。  シロアム・スプリングスのホームコートで行われるシーズン最初の公式戦で、JBUの最初の得点に対して、スタンドを埋め尽くした数千人のファンが一斉にトイレットペーパーをコートに投げ込むところから、トイレットペーパー・ゲームの名前が付けられた。  1984年から続くこの奇習、今年は製紙会社がスポンサーになり、ゲームのために2000本のトイレットペーパーを用意。ファンは缶詰を寄付すれば、交換にトイレットペーパーがもらえる。  1919年設立のJBUにとって今年は大学創立100周年に当たることから、学校側は同数の缶詰が寄付されることを期待している。寄付された缶詰と、製紙会社が別途寄付した2000本のトイレットペーパーと1000箱のティッシュペーパーは、地域の恵まれない家庭に進呈される。 (アメリカ、シロアム・スプリングス、11月8日、映像:SWNS/アフロ)

次の動画

次の動画

アフロの関連リンク

アフロの関連リンク

新着動画

image beaconimage beaconimage beacon