古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

【映像】中国海軍アデン湾で演習実施 護衛艦隊の射撃訓練映像公開

 中国人民解放軍は、アラビア半島とアフリカのソマリア半島に挟まれたアデン湾で護衛任務に当たる、中国海軍第36次護衛艦隊が実施した実弾射撃演習の映像を公開した。  演習では実戦を想定した艦対空、艦対艦の実弾射撃訓練の他に、対潜水艦戦闘訓練も行われた。  9月3日に山東省青島を出航した第36次護衛艦隊は、ミサイル駆逐艦「貴陽」、ミサイル護衛艦「棗庄」および総合補給艦「東平湖」で編成され、艦載ヘリコプター2機を搭載し、特別戦闘部隊の隊員数十人が随行した。  中国海軍は2008年以降、36回にわたり護衛艦隊を派遣し、これまでに国内外船舶約6800隻に対する護衛任務を遂行してきた。 (アデン湾、10月26日、映像:CCTV+/アフロ)

次の動画

次の動画

アフロの関連リンク

アフロの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon