古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

【映像】情報提供者に5000ドルの賞金 米でマナティーの背中に落書

 米南東部フロリダ州の川で、背中に「トランプ」と書かれたマナティーが目撃されたことを受けて、野生生物保護局が捜査に乗り出した。  これは1月10日、フロリダ州のホモサッサ川で問題のマナティーを目撃したツアーガイドが撮影した映像で、文字はマナティーの背中の藻を削り取るように書かれていたという。  「マナティーは看板ではない」と憤るのは、生物多様性保護を中心とした活動を行う「生物多様性センター」で、5000ドルの賞金を出して、容疑者逮捕につながる情報を募っている。  野生生物保護局によれば、絶滅危惧種保護法によって保護されているマナティーに対する蛮行は、連邦刑事犯罪とみなされ、5万ドルの罰金または、最長1年の連邦刑務所での懲役が科せられる。 (アメリカ、ホモサッサ・スプリングス、1月14日、映像:Hailey Warrington via Storyful/アフロ)

次の動画

次の動画

新着動画

image beaconimage beaconimage beacon