古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

貞子、3年ぶりに登板! 始球式でナイスピッチング

ホラー映画の怨霊キャラクター・貞子が、札幌ドームで行われたプロ野球・日本ハム-西武戦で始球式を行った。5月24日に公開される映画「貞子」のプロモーションのため開催されたもので、貞子がマウンドに上がるのは、2016年に行われた「貞子vs伽椰子」のPRイベント以来、3年ぶり4度目。今回の始球式で、貞子は、自身が井戸からはい出してくる呪いの映像とともにグラウンドに登場した。場内がざわめきに包まれる中、自分のペースを乱すことなく、ゆっくり歩いてマウンドに立った貞子。顔が髪に覆われているため表情はうかがえないものの、気合が感じられるピッチングを披露し、球速98キロをたたき出した。“呪い球”がキャッチャーミットに収まったのを見届けた貞子は、スクリーンに映し出された映画のPR映像に背を向け、マウンドを降りて静かに立ち去った。~映画「貞子」5月24日全国ロードショー 配給:KADOKAWA~出席者:貞子、FIGHTERS GIRL【時事通信社】
image beaconimage beaconimage beacon