古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

九州 あす(15日)は風冷え

tenki.jp のロゴ tenki.jp 3日前 国内

あす(15日)は大陸から高気圧が日本付近に張り出し、西から西高東低の冬型気圧配置に変わるでしょう。九州北部上空にはこの秋一番の寒気が流れ込んでくる見込みです。あすは風が冷たく寒くなるでしょう。

© tenki.jp 提供

●七五三は風冷え

あす(15日)の九州はこの秋以降、一番の強い寒気((九州北部上空1500m付近…氷点下2度前後))が流れ込むため、九州北部の対馬海峡沿岸や山沿いは寒気の流れ込みに伴う雲が広がりやすくなる見込みです。晴れ間が出ても、風が冷たく寒いでしょう。九州南部はおおむね晴れますが、風が吹きやすい場所や日陰は寒く感じられそうです。

あすの七五三のお参りは着物が雨でぬれる可能性は低いですが、寒くなるので、風を通しにくい装いをなさってください。

●週末は年末年始のころの寒さ

18日(土曜日)~19日(日曜日)はさらに一段と強い寒気が入り、九州は、山では雪が降り、平野部も冷たいしぐれの雨が降る所がある見込みです。週末は年末年始のころの寒さになるでしょう。朝晩の冷え込みが強まり、最低気温は都市部で4度前後の所が多く、各地で暖房がほしいくらいまで気温が下がるでしょう。ストーブなどの暖房器具の点検や準備をしておきましょう。週末は日中も厚手のコートやマフラー、手袋、カイロなど防寒対策が欠かせなくなる見込みです。冬支度は早めになさってください。

tenki.jpの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon