古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

九州 台風18号に注意

tenki.jp のロゴ tenki.jp 2017/09/12 国内

沖縄の南海上を発達しながら北西に進んでいる強い台風18号はあす(13日)、先島諸島にかなり接近したあと、16日(土曜日)ごろから進路を東寄りに変え、九州に接近するおそれがあります。

●九州 週末に台風18号がかなり接近も

© tenki.jp 提供

きょう(12日)午後3時現在、強い台風18号は沖縄の南海上を発達しながら北西に進んでおり、あす(13日)には非常に強い勢力へと発達し、先島諸島にかなり接近し、先島諸島は大荒れの天気になるでしょう。台風18号は14日(木曜日)から15日(金曜日)は中国大陸の東岸寄りを北上し、16日(土曜日)ごろから次第に進路を東寄りに変え、週末は九州に接近するおそれがあります。5日先の予報円は大きく台風の進路には不確実な部分がありますが、予報円の中心を通った場合は九州にかなり接近、あるいは直撃のおそれがあります。

●九州 週末、大雨のおそれ

九州は台風18号の北上に伴い、南から暖かく湿った空気が流れ込むため、あさって(14日)は雲が多くなり、雨が降りだす所が多くなってくるでしょう。15日(金曜日)からは秋雨前線の活動が次第に活発になり、台風の接近と重なる16日(土曜日)から17日(日曜日)を中心に大雨のおそれがあります。雨は台風がまだ遠いうちから強まることがありますので、注意が必要です。また、東シナ海の海面水温も28度前後と平年より高くなっているため、台風18号が勢力を維持したまま近づくことも考えられますので、これから週末にかけて台風の動きから目が離せません。

tenki.jpの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon