古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

北海道の1ヶ月 季節いったん足踏み

tenki.jp のロゴ tenki.jp 2017/04/20 国内

20日、札幌管区気象台は北海道の1ヶ月予報を発表しました。気温は日本海側とオホーツク海側は平年より低く、太平洋側は平年並みか低いでしょう。降水量は平年並みか多く、日照時間は平年並みか少ない見込みです。

●なぜ暖かくならないの?

北海道1ヶ月の天気傾向 © tenki.jp 提供 北海道1ヶ月の天気傾向

4月最後の週から5月のはじめにかけては、北海道の北を低気圧が通過することが多くなりそうです。低気圧の周りでは空気が反時計回りに回転しているため、低気圧が通過するたびに、北海道付近には北から冷たい空気が流れ込みやすくなります。そのため、気温は平年並みか低く、肌寒く感じる日もありそうです。この状態は5月の2週目あたりから次第に解消する見込みです。

●週ごとの詳しい天気

(4月22日~4月28日)

低気圧や寒気の影響により、雨や雪の降る日が多くなるでしょう。なお、低気圧の動きが不安定なため、天気予報が変わることもあります。最新の予報をしっかりとチェックすると安心です。気温は日本海側とオホーツク海側は平年より低く、太平洋側は平年並みか低いでしょう。

(4月29日~5月5日)

高気圧と低気圧が交互に通りますが、低気圧や気圧の谷の影響を受けやすい見込みです。天気は数日の周期で変わりますが、平年に比べ晴れの日が少ないでしょう。引き続き、寒気の入りやすい状態のため、気温は各地とも平年並みか低い見込みです。

(5月6日~5月19日)

高気圧と低気圧が交互に通る見込みです。平年と同様に天気は数日の周期で変わるでしょう。気温は各地ともほぼ平年並みとなり、暖かい日も増えてきそです。

tenki.jpの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon