古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

近畿地方、ようやく梅雨らしく

tenki.jp のロゴ tenki.jp 2017/06/19 国内

6月22日(木)から24日(土)に姫路ゆかたまつりが開かれます。姫路市にある長壁神社の夏の例祭にちなんで開催される祭りで、この時期の風物詩となっています。期間中は、浴衣を着ていると色々なサービスを受けられることもあり、多くの浴衣姿の人でにぎわいます。近畿地方では、21日は大雨になる恐れがあり、その後も梅雨空が続きます。22日と23日は祭りの開催される午後4時30分から午後9時30分の間に雨が降ることはなさそうですが、24日は雨への備えがあった方が良いでしょう。

●21日は大雨に警戒

長壁神社(2017年6月11日) 撮影:日本気象協会 関西支社 櫻井雪彦 © tenki.jp 提供 長壁神社(2017年6月11日) 撮影:日本気象協会 関西支社 櫻井雪彦

21日は、近畿地方に梅雨前線や低気圧が近づき、南から雨のもとになる暖かく湿った空気が流れ込みます。近畿地方では太平洋側を中心に大雨になる恐れがあり、局地的に非常に激しい雨の降る恐れがあります。また、風も強まるため、大雨や強風に注意・警戒が必要です。

●梅雨空が続く

近畿地方では、梅雨入りの発表があった6月7日に雨が降って以来、まとまった雨が降っていませんが、21日の雨のあとは梅雨空が続きます。22日は次第に天気は持ち直すものの、23日以降は、26日ごろにかけて曇りや雨が続くでしょう。

tenki.jpの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon