古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

関東さらに暑くなる 蒸し暑さアップ

tenki.jp のロゴ tenki.jp 2018/05/15 18:50 国内

16日(水)の関東地方は、15日(火)より真夏日地点がさらに増加。17日(木)と18日(金)は高温が続く上に湿度がアップし、体にこたえる蒸し暑さとなるでしょう。

●火曜は内陸部で真夏日も

関東さらに暑くなる 蒸し暑さアップ © tenki.jp 提供 関東さらに暑くなる 蒸し暑さアップ

きょう15日(火)の関東地方は朝から早いペースで気温が上昇。午前9時過ぎには都心や横浜で気温が25度を超えました。最高気温は7月上旬から中旬並みと、まだ5月半ばとは、とても思えないような暑さに。群馬県館林市や栃木県佐野市、茨城県大子町、埼玉県熊谷市など8地点で30度以上の真夏日となりました。横浜市は28度1分と、今年一番高くなりました。

●水曜 真夏日地点さらに増える

16日(水)は、内陸部を中心にさらに気温が上がり、今年一番の暑さを更新するでしょう。真夏日地点は15日(火)より増えて、さいたま市や水戸市、宇都宮市などで今年初めて真夏日となる可能性があります。夕方以降は次第に雲が多くなり、湿気がアップ。夜はかなりムシムシしそうです。

●木曜・金曜 蒸し暑くなる

17日(木)には前線が日本海に延びてきて、関東地方は前線の南側の、非常に暖かい空気に包まれます。雲は多いながらも日差しが届いて、気温の高い状態が続くでしょう。さらに湿度が高くなるため、風の通りにくい場所では体にこたえる蒸し暑さとなりそうです。18日(金)は前線の南下に伴い、雲が厚みを増すでしょう。日差しの暑さは和らぐものの、気温も湿度も高く、蒸し暑さが続きそうです。室内では気温だけでなく湿度の変化もチェックするなど、熱中症にならないよう、細心の注意を払ってください。

tenki.jpの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon