古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

23日 首都圏大雪の影響続く

tenki.jp のロゴ tenki.jp 2018/01/23 06:41 国内
© tenki.jp 提供

首都圏の大雪から一夜明け、きょう23日(火)も朝から交通機関への影響が続いています。路面凍結や車の運転、歩行には注意を。きょう23日(火)は次第に冬型の気圧配置となり、風が強まる見込み。西日本には強い寒気が流れ込んできます。

●きょうの天気 首都圏大雪の影響続く

きょう23日(火)は首都圏に大雪をもたらした低気圧が三陸沖を北上するでしょう。次第に冬型の気圧配置となるでしょう。次第に雪の降る地域が日本海側の各地に移り、全国的に風が強まる見込みです。夜にかけて西日本には強い寒気が流れ込むでしょう。

沖縄は昼過ぎまで晴れる見込みです。九州は雲の広がる所が多く、夕方以降は北部を中心に雪が降るでしょう。四国や山陽、近畿は日差しが出ますが、にわか雪やにわか雨の所がある見込みです。山陰や北陸は雪で、局地的に雷を伴い降り方が強まるでしょう。東海と関東甲信は平野部を中心に晴れる見込みです。東北の太平洋側は雲の多い天気が続くでしょう。東北の日本海側は雪で、ふぶきや大雪に注意が必要です。北海道は東部は昼前から、南西部や北部は夕方以降に雪が降り、吹雪や大雪の所があるでしょう。

首都圏では、大雪の影響で高速道路は通行止めの区間があったり、渋滞が発生している所もあります。鉄道や飛行機なども一部で運休や欠航、遅れが出ています。お出かけの際は時間に余裕を持って、交通機関からの情報をこまめにチェックをしましょう。また道路は路面の凍結している所もありますので、車の運転には十分ご注意ください。自転車の走行も大変危険ですので、滑りにくい靴やブーツで余裕を持ってお出かけください。

●日本海側では大雪に警戒を

北海道と東北から山陰にかけて、日本海側を中心に、きょう23日は次第に降雪が強まるでしょう。あさって25日(木)にかけて大雪となる見込みです24日6時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、北陸地方で80センチ、東北地方、関東甲信地方、東海地方、近畿地方で50センチ、北海道地方で40センチ、中国地方で25センチ、四国地方で15センチの見込みです。大雪や路面凍結による交通障害に警戒をしてください。また、積雪の多い所ではなだれにもご注意ください。

●きょうの最高気温

最高気温は那覇は21度で3月上旬並みでしょう。鹿児島12度、福岡8度、高知11度、広島7度、松江5度、大阪8度、名古屋10度、金沢6度、新潟5度の予想です。風が強く、実際の気温よりも寒く感じられるでしょう。東京は10度で、きのうに比べて寒さが緩みそうです。ただ、日陰は雪がとけにくいため引き続き足元にご注意下さい。仙台6度、秋田4度、札幌1度、釧路0度の予想です。

tenki.jpの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon