古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

九州 20度超え 季節はずれの暖かさ

tenki.jp のロゴ tenki.jp 2017/02/16 国内

きょう(16日)の九州は暖かい南風が吹き、季節はずれの暖かさになりました。

九州南部や大分県では所々で最高気温が20度を超えるなど、お花見の頃の陽気が訪れました。

また、きょう九州北部地方で春一番が観測されました。

●季節はずれの暖かさ

きょう(16日)午後4時までの最高気温は、

鹿児島県肝付町内之浦 20.6度(4月上旬並み)

宮崎県宮崎市     20.2度(4月中旬並み)

大分県豊後大野市犬飼 20.1度(4月中旬並み)

福岡県福岡市     18.6度(4月上旬並み)

熊本県熊本市     17.5度(3月下旬並み)  など

九州は所々で気温が20度を超え、一気に3月下旬から4月並みと季節はずれの暖かさになりました。

また、けさは放射冷却現象が強まり冷え込んだ所が多くなりましたので、朝と昼間の気温差が大変大きくなりました。最高気温が20度を超えた大分県豊後大野市犬飼は、けさの最低気温が-3.8度で、朝と昼の気温差はなんと24度になりました。

なお、九州北部地方では、きょう(16日)午後、南よりの風がやや強まり、春一番が観測されました。

© tenki.jp 提供

●17日は暖かい雨

あす(17日)は、寒冷前線が九州を昼前後に通過するため、夕方ごろにかけて各地でややまとまった雨が降る見込みです。あすも気温が高く、暖かい春の雨になるでしょう。

週末(18日、19日)は大陸から高気圧が張り出し、日差しが戻るでしょう。ただ、北よりの風に変わり、風が冷たくなる見込みです。

気温の変化に気をつけましょう。

tenki.jpの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon