古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

今年初めて夏日が冬日を上回る

ウェザーマップ のロゴ ウェザーマップ 2019/04/18 17:22 気象予報士・饒村 曜
図 全国の冬日と夏日の地点数の推移(平成31年4月の夏日と冬日) © ウェザーマップ 図 全国の冬日と夏日の地点数の推移(平成31年4月の夏日と冬日)

気象庁では、日最高気温が25℃以上の日を夏日、日最低気温が0℃未満の日を冬日とし、季節変化の指標としています。

今年の4月の初めは、全国926地点の半分以上が冬日でした。冬日は、日本海低気圧により暖気が入った5~6日に激減しましたが、高気圧に覆われ、放射冷却により気温が下がった12~13日には再び増えました。

17日からは沿海州の低気圧向かって暖気が入り、北日本を中心に気温が上がって、18日は今年初めて夏日が冬日を上回りました。

1ヶ月予報では北日本はほぼ平年並み、東日本では平年並みか高く、西日本と沖縄・奄美では高いとなっていますので、今後は、夏日が主役です。

(気象予報士・饒村 曜)

ウェザーマップの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon