古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

先週冬物が活躍した関東 今度は夏服が出番

tenki.jp のロゴ tenki.jp 2019/04/14 18:33
先週冬物が活躍した関東 今度は夏服が出番 © Japan Weather Association 提供 先週冬物が活躍した関東 今度は夏服が出番

先週は季節外れの寒さや雪に見舞われた関東地方。今週は一転、暖かい陽気が続きます。その中でもあす15日は、初夏を思わせる汗ばむ陽気が予想されます。気候が目まぐるしく変わり、身体が追い付かず、体調を崩してしまいがちです。体調の管理にはお気を付け下さい。

●あす15日 予想最高気温(日本気象協会発表)

日本気象協会の午後4時発表の予報で、平年差が特に大きくなるのが、関東地方です。日中は20度以上の所が多くなり、東京や水戸、熊谷では最高気温が23度と予想されます。水戸の23度は6月上旬ごろ、東京では5月中旬ごろの数字です。晩春を通り越し、初夏を思わせるような汗ばむ陽気になります。昼間は半袖でも過ごせるくらいの陽気です。標高の高い群馬県みなかみ町でも16度ときょうに引き続き、15度以上となりそうです。

●原因は暖かい南風と日差し

このような汗ばむ陽気をもたらす原因は、暖かい南風と昼間の日差しです。今夜からあす明け方にかけて雨を降らせる寒冷前線に向かって南から暖かい空気が流れ込むこと。それに加え、昼間のたっぷりの日差しが気温をグングン押し上げます。

先週は季節外れの寒さや雪に見舞われた関東地方。今週は一転、暖かい陽気が続き、特にあす15日は、初夏を思わせる汗ばむ陽気が予想されます。

気候が目まぐるしく変わり、身体が追い付かず、体調を崩してしまいがちですので、体調の管理にはお気を付け下さい。

tenki.jpの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon