古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

北海道 明日も大雪と厳しい寒さに

tenki.jp のロゴ tenki.jp 2018/02/12 20:28 国内

昨日(11日)から留萌と石狩北部で発表されていた暴風雪警報は解除になりましたが、明日(13日)も今日(12日)と同じような地域で雪が降り続きそうです。また、朝の冷え込みがさらに強まる所もあります。

北海道付近は冬型の気圧配置となっており、上空5000m付近は氷点下40℃くらいと、大雪の目安となるほどの強い寒気が居座っています。北部や南西部の地域を中心に明日も雪が続き、上川北部の多い所では明日夜にかけて40cmの大雪、その他も10~20cmくらいの雪が降る所もありそうです。札幌周辺も雪が降ったりやんだりの天気となるでしょう。また、等圧線の間隔も狭いために、沿岸を中心に風のやや強い状態も続きます。大雪やふぶき、吹きだまりによる交通障害などには明日も注意が必要です。

© tenki.jp 提供

●観測史上1位の積雪となった所も

また、今日の11時には上川地方の幌加内では積雪が271cmまで達し、幌加内としては1982年の観測開始以降、1位の最深積雪となりました。その他も2メートルを超えるような積雪の地域があり、明日も同じような所で雪が降り続き、さらに積雪が増える恐れがあります。

●厳しい冷え込みにも注意

明日の最低気温は氷点下10℃を下回る所が多く、特に引き続き晴れる道東方面では冷え込みが強まるでしょう。広く氷点下15度以下、内陸の地域など場所によっては氷点下20℃を下回るなどかなり冷え込みます。今朝と比べてもさらに3~4℃低い所が多いでしょう。水道の凍結などに注意して下さい。今日はこのままいくと13日ぶりに全道すべての地点で真冬日となりそうで、明日も2日連続の全道真冬日となりそうです。2月上旬は平年と比べると暖かい日もあった分、風邪やインフルエンザなどにかからないよう、暖かくしてお過ごしください。

●観光シーズンはまだ続く

今年のさっぽろ雪まつりは今日で終わりましたが、まだまだ観光シーズンは続きます。札幌周辺でも、千歳市では「千歳・支笏湖氷濤(ひょうとう)まつり」、小樽市では「小樽雪あかりの路」が開催中です。また、旭川市の隣、上川町では「層雲峡温泉 氷瀑まつり」など多くのイベントがあります。また、オホーツク海には流氷が接岸しており、道内の様々な場所で冬を楽しめます。今週は寒い日が続くため、外に長時間いる際は万全の防寒対策が必要です!

tenki.jpの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon