古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

北海道 2年に1度の大雪に

tenki.jp のロゴ tenki.jp 2018/04/15 17:57 国内

今日(15日)の北海道は南を通過した低気圧の影響で広く天気が崩れ、道東を中心に雪が強まりました。

十勝地方の中札内村上札内では、午後3時までの日降雪量が25センチに達するなど、局地的な大雪となっています。

●4月中旬以降としては2年振り

今日の北海道は日付の変わった頃から十勝地方などの道東を中心に雪が強く降りました。

午後3時までに最も多く雪が降ったのは十勝地方の中札内村上札内ですが、上札内では日付の変わる頃は0だった積雪が朝6時には22センチまで増え、一気に冬景色に戻りました。

積雪は最大で午前8時に25センチを記録しており、4月も中旬に入ってからの大雪となっています。

北海道 2年に1度の大雪に © tenki.jp 提供 北海道 2年に1度の大雪に

道内で4月中旬以降に25センチもの雪が降るのは2016年4月30日に根室地方の羅臼で27センチを観測して以来2年振り。

最近10年間で見ても、4月中旬以降に日降雪25センチ以上が観測された年は10年中5年と、今日は2年に1度の時季外れの大雪となりました。

●今夜も雪 ふぶく所も

今夜も宗谷地方やオホーツク海側の地域を中心に雪が降り、風も強いためふぶく時間帯もあります。平地でも積雪状態となる所がさらに出る恐れもあるため、車での移動は細心の注意が必要になりそうです。

また、明日(16日)朝にかけては0度前後まで下がる所も多く、濡れた路面が凍結する所を含めると、全道広い範囲で路面状態への注意が必要でしょう。

●明後日以降は一気に春本番

しかし、明後日(17日)以降は一気に春本番の陽気が待っています。

全道的に晴れて最高気温が15度以上となる地点も多く、しかもその状態が週末にかけて続く見込みです。

11日に発表となった最新のサクラ開花予想では、北海道へのサクラ前線上陸は24日(松前で開花予想)となっており、どんどん春へと季節が加速していくことになりそうです。

tenki.jpの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon