古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

北陸中心 23日(金)にかけて大雨

ウェザーマップ のロゴ ウェザーマップ 2019/08/21 17:19 気象予報士・高橋 和也
22日午前9時の予想天気図。 © ウェザーマップ 22日午前9時の予想天気図。

東日本は22日(木)明け方にかけて、局地的に非常に激しい雨が降る見込み。22日夕方までの予想雨量(多い所)は、北陸で120ミリ、関東甲信で100ミリとなっています。

北陸では、22日(木)夜遅くから23日(金)午前にかけても、大雨のおそれがあります。このタイミングで降る雨の方が、場所によって(22日夕方までの雨より)量的に多くなる可能性があります。

現段階では、石川県能登に発達した雨雲がかかる予想ですが、雨雲の位置が少し南にズレると、加賀地方や富山県など周辺部でも雨の強まるおそれがあります。23日(金)の早い時間帯、まだ暗いうちに、事態が悪化するかもしれないので要注意です。

(気象予報士・高橋 和也)

ウェザーマップの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon