古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

春の嵐のち冬の嵐 交通機関に影響も

tenki.jp のロゴ tenki.jp 2017/02/16 国内
© tenki.jp 提供

17日は、はじめ南よりの風が強く、春の嵐に。寒冷前線が本州付近を通過後は北よりの風に変わり冬の嵐に。強い風により、交通機関が乱れる所も。気温はいったん上がっても、雨が降ると急激に下がるでしょう。

●はじめ南風で気温上昇

17日(金)は、低気圧が発達しながら北海道の北を進み、低気圧から延びる寒冷前線が日本列島を通過します。前線の通過前と通過後で強まる風の向きが変わり、気温の変化も大きくなるでしょう。

まず、前線の通過前は、各地で南よりの風が強く吹きます。すでに、きょう16日(木)は日本海側を中心に風が強まり始めており、あす17日(金)はさらに広い範囲で南よりの風が吹き荒れるでしょう。例えば関東地方では東京湾周辺で最大風速10メートル前後の風が予想されています。風の影響を受けやすい列車は運行に影響が出るかもしれません。また、高速道路では横風を受けやすくなります。速度規制など、交通規制を確認してください。

また、南風にのって北の地方まで暖かい空気が流れ込み、春本番の気温となる所もありそうです。北海道や東北でも雨や湿った雪になる所が多いでしょう。気温の上昇や雨が降ることにより、雪が多く積もっている所では雪どけが進みます。川の水かさが増えたり、雪崩が発生しやすくなったりしそうです。屋根から落ちてくる雪にも注意が必要です。また、平地でも雪が残っている所では、雪が解けて水たまりができやすくなります。車を運転する方は、歩行者への水はねや泥はねに注意してください。

●雨の後は冷たい北風 気温急降下

寒冷前線は日中から夜にかけて日本海側から太平洋側へと南下します。前線の通過後は一転、北よりの風が強まるでしょう。上の図にあるように、金沢では昼頃までは南西の風が強いですが、午後3時には西北西の風となり、気温が下がり始めるでしょう。北海道の日本海側など、早い所では昼前にはすでに風向きが変わっている所もありそうです。最高気温を朝までに観測して、日中は気温が下がる一方、という所も。雨が降っていた所も次第に雪へと変わり、ふぶく所もあるでしょう。荒れた天気により、交通障害が発生する恐れもあります。太平洋側の各地も夜になると冷たい北風が吹く見込みです。あすは最高気温の数字に惑わされず、風向きや夜の気温などもチェックするとよさそうです。

●土曜にかけて冬の嵐

なお、18日(土)は冬型の気圧配置で、日本海側は雪が強まったり、ふぶいたりするでしょう。引き続き交通機関への影響に注意が必要です。晴れ間の出る太平洋側も冬の厳しい寒さが戻りそうです。全国にあるアメダスの7割近い地点で、最高気温が金曜日より5度以上低くなると予想されます。北海道ではほぼ全域で真冬日(最高気温が0度未満)となるでしょう。春から一転、真冬の厳しい寒さとなりそうです。

tenki.jpの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon