古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

西日本はきょう、東日本はあす午前中がピーク

ウェザーマップ のロゴ ウェザーマップ 2019/05/20 11:30 気象予報士・佐藤 温子
21日(火)の雨と風の予想 © ウェザーマップ 21日(火)の雨と風の予想

20日午前11時現在、九州の雨のピークは過ぎましたが、鹿児島や宮崎では17日の降り始めからの雨量が400ミリ以上となっている地域があり、地盤の緩んでいる所があります。引き続き土砂災害などに警戒が必要です。

中国東北区の低気圧からのびる寒冷前線が、21日夜にかけて日本列島を通過するため、20日は西日本の太平洋側を中心に、夜は東海でも激しい雨の降る所があるでしょう。関東甲信は昼頃から、東京都心では夜遅く(21時頃)から雨が降り、21日の通勤・通学の時間帯がピークとなる見込みです。北日本も夜は次第に雨が降るでしょう。

また、沖縄には梅雨前線に伴う活発な雨雲がかかり、午前7時頃から雷を多数観測しました。南西諸島でも雷を伴った激しい雨にご注意ください。

(気象予報士・佐藤 温子)

ウェザーマップの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon