古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

週間 寒さ緩んだ後、東京都心で雪となるか

tenki.jp のロゴ tenki.jp 2019/01/10 11:37 国内

11日(金)は九州から関東で3月上旬並みの陽気となる所も。関東では寒さが緩むのは一時的で、12日(土)夜は南部に雨雲がかかり、13日(日)は東京都心でも雪となる可能性がでてきました。

●あすの天気

11日(金)は、大陸から南西諸島付近に前線がのび、前線に向かって南から湿った空気が流れ込むでしょう。

沖縄は断続的に雨が降り、雨脚の強まることがありそうです。九州も雲が広がり、夜は南部を中心に雨が降るでしょう。四国や山陽、近畿の太平洋側や東海、関東は大体晴れる見込みです。山陰や近畿の日本海側は雲が多く、午前中は所々で雨や雪が降るでしょう。北陸は朝まで雨や雪が降り、雷が鳴る所があるでしょう。日中は天気は回復へ向かう見込みです。東北の日本海側の雪は昼頃には止む所が多いでしょう。太平洋側は晴れ間が広がる見込みです。北海道には日本海から雪雲が流れ込み、11日にかけて最大瞬間風速30メートルと予想されています。吹雪や吹きだまりによる交通への影響、強風に注意が必要です。ただ、雪や風はおさまる傾向です。午後は太平洋側を中心に日差しが届くでしょう。

●あすの気温

朝の最低気温は、沖縄はけさ(10日)と同じくらいで4月上旬並みでしょう。九州もけさと同じくらいで3月上旬並みの所もある予想です。強い冷え込みはないでしょう。四国や中国地方から関東はけさより高くなる所が多いでしょう。平年並みか高く、山陰から北陸では3月下旬並みの所が多い予想です。東北や北海道はけさと同じくらいか低いでしょう。3月中旬から下旬並みの所が多い予想です。

最高気温は、沖縄は20度を超えて4月下旬並みの所もあるでしょう。九州から関東は10度を超えて3月上旬並みの所が多い見込みです。風も比較的穏やかでしょう。東北は平年並みの所が多く、北部では5度に届かない所が多くなりそうです。北海道は平年より低く、アメダス地点のおよそ9割で0度未満の真冬日の予想です。

●あさって以降の天気

週間 寒さ緩んだ後、東京都心で雪となるか © tenki.jp 提供 週間 寒さ緩んだ後、東京都心で雪となるか

12(土)から13日(日)にかけて本州の南を低気圧が東進する見込みです。12日は九州や四国、中国地方、近畿の太平洋側は広く雨が降るでしょう。東海や関東南部にも次第に雨雲がかかりそうです。13日は今のところの予想では、低気圧は陸地を離れて通り、関東で低気圧本体の雨雲のかかるのは南部の沿岸部が中心です。ただ、上空1500メートル付近で関東の平野で雪の目安とされる氷点下3度以下の寒気が関東の南まで南下する見込みで、気圧の谷の影響を受けそうです。12日夜から13日朝の気温が低い時間帯に甲信や関東で雪となる可能性があります。今後、予報は変わる場合がありますので、最新の気象情報をご確認下さい。一方で、北陸から北海道では晴れ間の広がる所が多いでしょう。

14日(月)は、低気圧は日本の東へと離れるでしょう。15日(火)から16日(水)にかけて北海道の北を低気圧が東へ進み、日本付近は冬型の気圧配置となる見込みです。14日成人の日は晴れ間の広がる所が多いですが、北陸から山陰にかけては雪雲や雨雲がかかりそうです。15日以降は、北海道や東北の日本海側は雪が降りだすでしょう。北陸から山陰も雪や雨の降る所がありそうです。太平洋側は大体晴れる見込みです。

●あさって以降の気温

11日以降、寒さの緩む日がありそうです。最高気温は、九州から東海は平年並みか平年より高い日が多いでしょう。16日頃は寒さが厳しくなりそうです。関東では12日から15日にかけて、ほぼ平年並みで寒の内らしい寒さでしょう。東北や北海道は14日から15日は3月上旬並みとなる所がある予想です。

tenki.jpの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon