古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

あす15日にかけて日本の南岸を低気圧が東進

ウェザーマップ のロゴ ウェザーマップ 2020/01/14 11:14 気象予報士・原田 雅成
14日午後9時の予想天気図。 © ウェザーマップ 14日午後9時の予想天気図。

三連休明けのきょう14日(火)は、上空の気圧の谷や、西日本の太平洋側で発生する低気圧の影響で、西日本ではくもりや雨となり、雪の降る所もあるでしょう。あす15日(水)は晴れる所が多くなりますが、一時的に冬型の気圧配置となるため、山陰は雨や雪の降る所がありそうです。

低気圧はあすの午前中、日本の南岸を東寄りに進む予想です。東日本の太平洋側は、あすの午前中にかけてくもりや雨となり、山沿いや内陸では雪が降るでしょう。日本海側でもあすにかけて雨や雪が降り、所により雷を伴う見込みです。

北日本は、東北を中心にあすにかけて雪や雨が降るでしょう。北海道はあすは晴れる見込みです。

(気象予報士・原田 雅成)

ウェザーマップの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon