古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

センター試験やジャンプ大会 週末の東北

tenki.jp のロゴ tenki.jp 2019/01/18 12:40 国内

強い冬型の気圧配置の影響で、東北地方では日本海側を中心に雪が降り、一日で50センチ以上の雪が降っているところがあります。強い冬型の気圧配置は、あす19日(土)は次第に緩み、雪の止むところが多くなるでしょう。

センター試験やジャンプ大会 週末の東北 © tenki.jp 提供 センター試験やジャンプ大会 週末の東北

●あす19日(土) 天気も受験生を応援

冬型の気圧配置が緩むでしょう。上空の強い寒気も北上し、東北地方の上空1500メートル付近の気温は、平年並みぐらいになる予想です。日本海側の雪は次第に止んでくるところが多く、太平洋側は晴れるところが多いでしょう。強い風は収まる見込みです。

【気温】

あす朝の冷え込みは弱まるものの、最低気温は氷点下で、積雪の多い地域では路面が凍結するところが多くなりそうです。受験生の皆さんは足元に気を配り、時間に余裕をもって試験会場に入りましょう。日中も18日(金)より気温が高いところが多い予想です。ただ、受験会場内は、空調の具合で、暑かったり寒かったりする可能性があります。調節しやすい服装がよさそうです。

●20日(日)大寒 お出かけは雨具を持って

低気圧が北日本を通過する予想です。東北地方では、天気が下り坂で、午後は雪や雨の降るところが多くなるでしょう。お出かけには雨具をお持ちください。また、日本海側南部を中心に雷を伴って雪や雨の強まるおそれがあります。落雷や突風などにお気をつけください。

【気温】

夜には冬型の気圧配置になり、再び寒気が流れ込むでしょう。朝よりも夜のほうが気温が下がるところが多くなりそうです。大寒らしい厳しい寒さが戻ってきますので、暖かくしてお出かけください。

●スキージャンプ大会開催!!

FISスキージャンプワールドカップレディース2019蔵王大会が、山形市で行われます。

きょう18日(金)は個人第1戦で、試技が16時から、競技が17時から行われる予定です。19日(土)は団体戦が同じ時間帯で行われます。20日(日)は個人第2戦で、少し時間帯が早く、14時45分から予選、16時から競技となる予定です。

大会2日目の19日(日)は、一時的に天気が回復し、この時期としては穏やかになるでしょう。夕方の観戦も天気を気にせず楽しめそうです。ただ、山の気温は、平地よりも10度ぐらい低くなりますから、スキーやスノーボード専用のウエアーなどを着用し、防寒はしっかりとして観戦を楽しみましょう。

ジャンプのあとは、雪のモンスター(樹氷)も楽しんでくださいね。

tenki.jpの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon